デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ018
 
ハンバーガー伝来の地・佐世保で本場の「佐世保バーガー」を食べる!
ハンバーガー伝来の地・佐世保

今や若者の食生活に欠かせない存在となっているハンバーガーが初めて日本に伝えられたのは、戦後まもなくの昭和25年頃。

佐世保(長崎県)に駐留していたアメリカ海軍からレシピを聞いて作り始めたのが最初だという。

佐世保のハンバーガー文化はその後も引き継がれ、今では「佐世保バーガー」という名物としてその地位を築いている。

今回はこの「ハンバーガーの聖地」とでもいうべき佐世保にて本場の佐世保バーガーを食べてみた。

T・斎藤



入り口で待ち構えている等身大の人形

ラッキーズ

最初に訪れたのは、「ラッキーズ」という店。

入り口で待ち構えるは、ケンタのカーネルサンダースを彷彿させる等身大の人形。

夜中に動き出して仕込みとかやってそうなリアリティだ。

 

横から見た図

横から見た図。

腰の引け具合がなんとも言えない。



↓そしてこちらがラッキーズの名物・平戸牛を使った
ステーキバーガー。


ラッキーズの名物・平戸牛を使ったステーキバーガー(\400)

ハンバーガ−といえば普通はミンチだが、このステーキバーガーは、その名のとおり国産和牛を使った「ステーキ」がそのまま入っている。

限界まで空腹な状態で店に向かった私は、写真を撮るのももどかしいくらい、それはうまそうであった。

テキトーに写真撮影を済ませ、口に運ぶ…すると!

 

う、う、うまい…!

ヤバイくらいおいしい!

ステーキがとてもジューシーで柔らかい。
そして絶妙な塩加減。

こんなうまいものが400円で味わえるのか!

何個でも食えるぞ。

「おかわり!」

 

…と言おうと思ったが、別の店も取材したかったので、 いきなりここで胃袋を満杯にしてしまうわけにもいかない。

「ス、ステーキバーガー…」

と、後ろ髪を引かれる思いで店を後にした。


●お店情報
ラッキーズ
長崎県佐世保市鹿子前町1055
0956‐28‐4470
10:00〜21:00

九十九島の遊覧船乗り場などがある西海パールシーリゾートの中にある。




ログハウス風の店内・ログキッド

ログキッド

続いて向かったのは米軍基地の近くにある「ログキッド」。

 

ログハウス風の店内は、アメリカンなムードにあふれている。


↓そしてこちらが、ログキッド自慢の「スペシャルバーガー」。


とにかくデカい、ログキッドの「スペシャルバーガー」。(\750)

で、で、でかいよ!

アメリカンだよ!

上の写真では大きさがわかりにくいので、わかりやすいように撮った写真が下。


アンパンマンになれる大きさ!

か、顔が隠れる!

 

 

って言うか、

これじゃまるでアンパンマンだ。

 

潰してから食べる!

このアメリカンサイズのハンバーガー、
食べ方も実にアメリカンで…

 

中身があふれるので、
こうやって潰してから食べる。(本当)

 


もちろん、ただ大きいというだけではなく、味もかなりイケている。

通常のパテ、ベーコン、卵、チーズ、トマトといろんなものがてんこ盛りに入っており満足度大。

でもって、当然ながら1個でかなりの破壊力。
お腹いっぱい。

 

佐世保の米海軍基地

せっかくハンバーガー伝来の礎となった米海軍基地の近くまで来たので、ついでに散歩がてら、見に行った。

が、撮れた写真は下の1枚のみ。


いろいろなものを伝えようという思いが感じられるオブジェ。

佐世保の米海軍基地前のオブジェ。

これよりもう少し先まで踏み込み、ゲートなどの写真を撮っていたら、近くに路駐していた車からおもむろに黒い服の人々(腰には拳銃)が出てきて、こちらに詰め寄って来た。

それは日本人が米軍ともめごとを起こさないよう警備している日本の自衛官の方達だった。
そして、米軍施設の写真は問題があるとのことで、その場でデジカメ写真の消去を命じられてしまった。
(あと身分証明書を提示させられたり)

なんでもテロを警戒しているご時世につき、ピリピリしているとのこと。

「こうやって怒られてる姿の写真も、撮ったらダメですか?」
「ダメです!」

ご迷惑おかけしてスミマセンデシタ。

 


●お店情報
LOG KID ログキッド
長崎県佐世保矢岳町1-1
0956-24-5034
11:00〜20:00 (20:00以降はHANGOUTというショットパーに変身)

有名人も数多く訪れているログキッド。バイク屋の2階。

ログキッドのすぐ隣にある「ヒカリ」も行列ができる人気の店。
ここも今度食べてみよ。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.