デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ078
 
肉の駅!

「道の駅」はご存知だろう。ドライブインのように道沿いに建ち、県産品やレストランなど提供している施設だ。今や全国いたるところで見ることができる。

ではこれはどうだ、「肉の駅」。ほら、もうあなたは冷静ではいられないはずだ。何つったって「肉の駅」だ。声に出して読んでみよう、さん、はい。

くらくらするだろう?

群馬に帰省の折、気になって仕方が無かった地元のスポットに行ってきました。

乙幡 啓子

店内は県産の肉・加工品・野菜など並んで、いたって日常的
で、その「肉の駅」の正体はといえば、群馬県食肉卸売市場に併設された直売施設のことである。意外や、普通の県産品販売所である。インパクトある名前をきいたときは男子中高生のように興奮していたが、店内に入り少し冷静さを取り戻した。「肉」=「酒池肉林」のイメージは当然間違ったものであった。

しかしさすが、全国でも4番目の肉豚生産県、全国でも数少ない直営店をもつ市場ということで、品質管理などきっちり行き渡った肉たちがどかっと並べられていた。


群馬の高崎ハムの一角
右中央が、肉にしてからちょっと置いたもの。きれいなピンク色に染まっている

ぶたじゅう・・・売り切れなり
安心・安全な上州豚・上州牛を求めて、東京からもお客さんがやってくるという。「肉のターミナル駅」といったところか。「ああ、肉の上野駅」だ。

特に牛肉のパッケージには、生産履歴を検索できるよう10桁の番号が記されていて、店内の検索システムにその番号を入力すれば直ちに証明書が見られる。アドビのアクロバットで。

 


番号入力すると・・・
検査結果確認書を閲覧できる

出た、定番「食べられゆくものたちの笑顔」看板
今回、親に頼んでつれていってもらった(車の免許を持ってないので)。私が取材をしている間、親は中で買い物をしていた。しっかり牛肉も買っていてくれた。夕飯にその肉を焼いて食べた。ジューシーでおいしかった。

ほとんどイメージ先行で来てしまった。しかしそこはまじめで安全な肉が買える「肉の終着駅」なのであった。

(株)群馬県食肉卸売市場
市場直売所「肉の駅」

http://www.gunmasyokuniku.co.jp/

群馬県佐波郡玉村町上福島1189


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.