デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ120
 
ゴルフ練習場が空中に浮いていた!

ある雨の日、目黒の図書館に行った。目指す本がなく、少々気落ちして建物を出た。気分を変えようと、来た道とは違う道を通る。

ゴルフ練習場のネットをなんとなく眺めつつ坂を下る。下るうち、「あれ?」なんだか変な気がした。待てよ、と通り過ぎてからもう一度引き返し、坂の上から眺める。このネット、こうなってるのか!

初めて見た、こんなゴルフ練習場。まあ一緒に見上げてみてください。

乙幡 啓子



雨の休日、引き返してまで撮った写真。

底面が前面ネットになっていて、ゴルフ練習場自体が宙に浮いている感じなのだ。しかもその下は、タクシー駐車場になっている。こんなことってあるのか。あとから下に回って見てみたら、その地下も駐車場だった。トミカもびっくりの立体構造。なんという土地有効活用ぶりだろう。

シースルーでタクシーを見ると興奮する。いや、しないな。

後日、ここ、メグロゴルフクラブさんに取材許可をいただいて、中を撮影。打った球は、傾斜させて張られたネットを伝ってコロコロと勝手に戻ってくる。
快音響かせて次々放たれた球が、着地するやいなやスタコラと帰ってくるさまはなんともおかしく愛嬌がある。

打席のヘリに這いつくばって、球のベンチ裏を撮影。高所でくらくら。
集まった球はベルトコンベアーで引き上げられ・・・
壁伝いに・・・
ボールディスペンサーへ。ディスペンサー自体は故障中であったが。

そしてネットの下へまわる。と、このクラブを経営している富士グループさん系列のタクシー会社が駐車場として使っていた。

広!

「もともとここはアスレチッククラブ、今で言うフィットネスクラブがありまして、オイルショックのあと、うちが所有することになったんです。これらネットの張ってある鉄塔を撤去しようとしたんですが、その費用がバカにならないっていうんで、まあ、社員の福利厚生をかねて練習場は残したんです。そのうち、一般の方にも開放。もともとはこの駐車場のスペースが練習場だったんですが、省スペースってことで考え出しました。」と、案内してくださった専務取締役の石井氏。

このように3層構造をなしている。
しかしゴルフ練習場自体の駐車場は、ない。

私はゴルフをしないのでわからないが、打ったときの感じはこのネットと堅い地面のときとで違うのだろうか。「そんなに違いません。打つのに集中してますし、着地以降はそんなに気にしません」とのことだった。ゴルファー心理をこんなところで把握してしまった。いつか何かの解説のときに使えるだろうか。

しかし、高く飛んで鉄塔にぶつかった球がネットの坂を勢いつけて戻り、打席背後のガラスを突き破ったこともあるという。今は対策済みで安全だそうだ。


「これ、なんです?もしかして・・・」
「そうなんですよ。こうやって、たまに下から突いて球を送り出してやるんです」専務自ら再現。

近隣のゴルフ練習場は、再開発などでどんどんなくなっているとのこと。こちらはその中で、なんとかがんばっていこうということである。

「住宅地の中にひっこんでる分、タクシーの出入りとかで迷惑おかけしてるんで、そのかわりに遊び場を提供してるってところですね」

ネット突き棒でえい、えいと球集めを実演しつつ、石井氏は笑った。




メグロゴルフクラブ

〒153-0063 目黒区目黒1-24-2
TEL:03-5496-2618

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.