デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ126
 
品川の光るキノコ

ヤコウダケ


去年の6月、ひかるキノコを見るために八丈島に行った。(→「八丈島の光るキノコ」

キノコを見るために深夜に山に入り、崖で滑って死にそうになった。見たことない虫が飛んでいたり、8時間かけて船で移動したりとたいへんな取材だった。それだけに光るキノコを見たときの興奮はひとしおだった。

が、それが品川で見れるという。しかも会社のものすごく近くでだ。じゃ、あの苦労はなんだったの?(林 雄司


品川の光るキノコまで

八丈島までは飛行機で1時間、船だと8時間かった。品川の光るキノコまでは何分かかるんだろう。全行程をお見せします。


ニフティが入っているビルを出て
もつなべ屋の前を通って
横断歩道わたって

歩道橋を渡って。したは第一京浜。

第一京浜ぞいに2分ぐらい歩いて
角を曲がって公園にはいり

ここが光るキノコを展示中のしながわ水族館。

あっというまに着いてしまった。時間にして約10分。

いや、あの八丈島での苦労があったからこそキノコがより輝いて見えたのだと思いたい。どれほど輝いているかを見てみようじゃないか。


この「小笠原展」で光るキノコを展示しているのだ。どれどれ。
ん?
うわー
あらー…

見るためにかけた時間とは関係なしにキノコはぴかぴか輝いていた。相変わらず見る人を黙らせる存在感。怖いけどきれい。

ここに展示されているのはヤコウダケ。水族館のひとにきくと、キノコを持ってきてもなかなか光らずにヤキモキしたそうだ。見るための苦労はそっちに行ってたんですね。おつかれさまです。

島までいかずしてあの光るキノコが見れる小笠原展は9月27日まで!

しながわ水族館ホームページ
〒140-0012
東京都品川区勝島3−2−1
03-3762-3433
営業時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日 毎週火曜日・1/1(春休み・夏休み・冬休み・GWは休まず営業)

京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分
JR京浜東北線「大森駅北口」下車 徒歩約15分
(ニフティからも近いですが、大森からも近いです。)

小笠原展は9月27日まで開催


しながわ水族館のトンネル水槽
入り口近くにいたヤマメ。「川魚は人気ないんですよ…。混んでるときだけ人が集まりますね。奥がつっかえるから。」と係の人。よくみるとかわいいぞ。

おまけ

お食事処 まぐま

しながわ水族館のちかくの「お食事処 まぐま」。ごはんを食べたついでに店名の由来を聞いたら

「いや…、なんとなく」

とのことでした。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.