デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ149
 
芸能人の名前のついたラーメンがある
二代目帝都軒。大塚駅北口から徒歩5分程度。

東京都豊島区大塚に、いっぷう変わったラーメン屋がある。
ラーメン自体が変わっているのではない。おかしいのは名前の方だ。

「浜崎あゆみそラーメン」
「どんどこどんこラーメン」
「押尾まなふラーメン」などなど…。

なぜラーメンに芸能人の名前がついているのか、どうしてこんなことになってしまったのか。いろいろと聞いてきました。

高瀬 克子


………。


注文するのが恥ずかしい

以前の勤務先が近かったので、実はこのラーメン屋にはよく通っていた。しかし最初のうちは頼みたい物の名前が言えず、店の人を呼び寄せてはメニューを指差し「こ、これください」と言って注文していた。

考えてもみて欲しい。いくら商品名とはいえ、一人で店に入るなり「たなかれーな」と口にすることの気恥ずかしさを。「ユースケ坦々マリア」や「原田い泰造」に至っては、言いたくもないダシャレを強制的に言わされてしまう。

そんな障害(?)をものともせずに通ったのは、ずばりラーメンがおいしかったか
らだ。そのうち感覚がマヒしたのか、大声で「ユースケください!」と言えるよう
になっていた。大人になるって、こういうことの積み重ねのような気がします。


手作りの果実酒(冬虫夏草もあった)のビンがズラリと並ぶカウンター。店内はとてもキレイです。

 

盲導犬も入れます。車椅子用のトイレも完備された店内は、すべてバリアフリー。

 

9月のランチメニュー表。こんな店が職場の近所にあったらなぁ、と思う充実のラインナップ。ラーメン以外も充実。

きっかけは「SPEED」だった

放っておくとどんどんメニューが増える店だったので、きっと今なら「ペ・ヨンジュンらーめん」があるに違いないと楽しみにしつつ、約1年ぶりで店を訪れた。

…えー、店鋪が移転してました。それにともなって麺の種類も減少。一体なにがあったのでしょうか。

「なんせ引っ越したばっかりで…。この態勢に慣れたら、また徐々にメニューを増やすつもりです。え?冬ソナらーめん? あはははは! 作ろうと思ったんですけどねー」

話好きの御主人は、聞いたことには何でも笑顔で答えてくれる。

「最初は“もやしそば”とか、普通のネーミングだったんですが、あるときチャーシュー丼のことを《いちばん早く出せるメニュー》だから“SPEE丼”と呼び始めた子がいたんです。SPEEDが解散した後はそれが“解散丼”に変わって…。それからですね。お客さんが『こんなの考えたよ!』って、いろいろ名前を付けてくれるようになったのは…」

なるほど、そういうことでしたか。

SPEEDの解散が2000年だから、このようなメニュー形態になったのはここ5〜6年の話ということになる。…意外に歴史が浅い。
まさかSPEEDの皆さんも、自分たちの存在が一軒のラーメン屋の性格を決定付けることになろうとは思ってもいなかっただろう。

「今までに作ったラーメンを数えてみると70種類くらいあるんです。昔のメニューをリクエストされたら作りますよ。…思い出せる範囲でですが」

私の質問に「あれは何ていう名前だったかなぁ…」と御主人が頭を悩ませるたび、そばにいたお客さんが「あ、あれは松鳥菜々子からゴマキに名前が変わったんだよ」などと、店側でさえ覚えていないようなことを答えてくれる。

いろんな意味で、お客さんに恵まれてます。


ユースケ坦々マリア。いわゆる坦々麺のこと。スープがとてもクリーミー。全部飲み干しました。
COOL GRAY。GRAYだけに、黒ゴマを使った冷やし坦々麺。ピータンが乗ってます。ビールに合いすぎます。

なんとなくキワモノっぽい店のように感じるかもしれないが、こんなことが出来るのも、味に自信があるからなのだろう。御主人(野菜のソムリエ資格あり)の作る中華料理は、本当にどれもおいしそうだった(こちらは普通のネーミング)。

おすすめの店です。



「二代目 帝都軒」

豊島区北大塚3-32-8
TEL 03-3940-3749
火曜定休
締めはアイ〜ン豆腐(杏仁豆腐)


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.