デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ318
 
てっとりばやく体重を減らす

テレビのCMとかで、短期間で効果的にダイエット、なんていう文句を耳にすることがある。しかしそういう場合の短期間というのは、たいてい数週間、数ヶ月の単位ではないか。

そんなの長期だ。

ならば本当に短期間で体重を減らすことを追求するとどうなるのか。運動し続けるということに行き着かないか。ということでフルマラソンを走って体重を減らしてきました。

安藤 昌教

9月頃、ジョギングシューズを購入

はじまりは夏だった

実はこの計画、夏ごろから準備を始めていた。さすがにぶっつけ本番でフルマラソンに参加しても5キロくらいでリタイヤだろうと思ったのだ。筆者はフルマラソンなんてもちろんのこと、近所のコンビニへすら走って行ったことがなかった。

後戻りできなくするために、少々高めのランニングシューズを買ったのが確か9月頃。それから夜な夜な地味に練習を続けてきた。その結果走れる距離が5キロになり、10キロになり、20キロにまで伸びた。しかし一つ問題が発生した。

どんどん痩せていくのだ。

練習を積むにつれ、どうやら体がランナー体型に変わっていっているようだった。これでは本番までに痩せきってしまい、当日走っても体重は変わらないのではないか。そうなればこりゃ逆にそうとうな長期ダイエットだ。

大会が近づくにつれフルマラソンに対する不安もあったが、この企画がボツらないかという不安も膨らんでいった。


大会当日。不安でいっぱいです

そして迎えた本番の日

筆者がエントリーしたのは那覇マラソンという大会。那覇マラソンは今回が20回を迎える歴史ある大会で、毎年たくさんのランナーの皆さんが参加している。今年はなんと約24000人のランナーが参戦した。

実はこの日、沖縄地方には季節外れの台風が接近していた。ちなみに12月5日の話だ、季節外れにもほどがある。大会は無事行われたのでよかったのだが、これで中止にでもなっていたら筆者の夏からの練習はなんだったのだという話になる。あぶないあぶない。


スタート前に体重測定。体重計は家から持参しました

本番前の体重測定

本当に体重が減るのかどうか実のところ不安だったが、さすがにフルマラソンを走りきったら多少なりとも減るだろうと思った。しかしそれが記事にならないくらいの微妙な減り方だったらどうしよう。スタート前だというのに筆者の頭は雑念でいっぱいだった。

スタート直前に測定した体重と体脂肪がこちら。
体重61.8キロ
体脂肪率15.6パーセント

これがゴールしたときにどれだけ減っているかで、超短期ダイエットとしてフルマラソンを提案できるか否かが決まるわけだ。筆者の夏からの努力が報われることを祈る。


筆者以外はみんな速そうに見えます

周りはみんな速そうなんですけど

体重を測ってスタート地点へ向かうと、すでにたいへんな人だかりができていた。筆者は走る前にトイレに行きたかったのだが、簡易トイレの前は長蛇の列で並んでいる間にスタートしてしまいそうだったのであきらめた。それにしても周りの人はみんな速そうに見える。筆者にとって初マラソンがフルマラソンというのはどうなのだろう。ハーフとかの方がよかったのだろうか。今になって自信がなくなる。


そしてスタート

スタート前にはサンプラザ中野さんが名曲「ランナー」を歌ってくれた。「いつかたどり着いたら君に打ち明けられるだろう」。フルマラソン走りきったらデイリーの読者に減った体重を打ち明けたい。

緊張と興奮の中、いよいよスタート。マラソン素人の筆者にはペース配分だとかそういう知識が全くなかった。なので最初からトップギアで行くことにしていた。スタートの合図と同時に明らかに周りとは異なるペースで飛び出した。

走っている最中は写真なんてもちろん撮れなかったし、今思い返してもなんだか記憶が途切れ途切れだ。ということでレースの詳細についてはここでは割愛させていただきたい。一つだけ確かに言えることは、トップギアでは後半辛い、ということだ。

しかしそれでもなんとか完走した。


ゴール直後の筆者。かなり足にきてます
握り締めていたのがこれ、完走証とメダル

ゴール直後にまた測定

本番後の体重測定

さあ本当に走ったぞ。超短期ダイエットは果たして成り立つのだろうか。フルマラソンを走り終えた後の測定結果がこちら。

体重59.4キロ(−2.4キロ)
体脂肪率15.1パーセント(−0.5パーセント)

減った。4時間あまりで2.4キロ。これならば見事に超短期ダイエットといえるだろう。やった大成功だ。

しかし気になるのが体脂肪率だ。0.5パーセントしか減少していない。減少した体重が2.4キロということは最初の体重の約4パーセントなのに。筆者は一体何を燃やしながら走っていたのだろう。思い出か。でもまあ体重が減ったというのは事実なのでよしとしたい。


ということで提案です

短期間で確実に痩せたい人にはフルマラソンがお勧めです。

何をやっても痩せられない→マラソンなら痩せられます
明日お見合いなんだけど、あと少し痩せたいわ→マラソンなら間に合います
バンタム級からスーパーフライ級へ落としたい→マラソンが手っ取り早いです

ただ筆者はこの後3日くらいよろよろとした足取りで暮らしました。各関節に直にダメージが蓄えられた、という感じです。フルマラソンは確かに短期間で痩せられますが、それなりの準備と心構えも必要だと思います。要するに楽して痩せられる方法なんてないということです。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.