デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ416
 
ツイスターは1人でやっても楽しいのか?

ツイスターゲームを買った。スピナーと呼ばれるルーレットの指示に従って、両手両足を色々な場所に置き、誰が最後まで倒れずにいられるかを競うゲームだ。
パーティゲームの定番と言っても過言ではないこのゲーム、僕は1回もやった事がない。どうしてもやってみたかったので買ってしまったが、一緒に遊んでくれる人がいない。

仕方ないので、1人でやってみました。

(text by 住 正徳


TWISTER ツイスター

ツイスターゲームのパッケージ写真。

どうだろう、この楽しみっぷり。みんなカメラ目線で笑っているし、特に中央で四つん這いになっている男性の笑顔。いやあ、えへへ、って声が聞こえてきそうなくらい、素で喜んでるっぽい。


いやあ えへへ

こんなに楽しそうなゲームなので早速やってみようと思うが、「屋外でも盛り上がれ!!」と半ば命令口調で書かれていたので、屋外でプレイすることにした。


同じメンバーだけど服そうが違う。ツイスターばっかりやってる4人組、という設定か?

近所の公園でツイスターマットを広げる。


「笛を吹く少年の像」の前にて

ツイスターマットには赤、青、黄、緑の円がそれぞれ6つずつ配置されている。例えば「右足を赤」という指示が出た場合、いかに自分に都合のいい「赤」を取れるかが勝敗のポイントになる。なるべく無理な体勢にならない様な「赤」を相手と取り合う事もあり得る訳だ。

とはいえ、今回は1人なので相手の出方を気にしなくていい。一番楽な円に手足を置いていけばいい。

それが楽しいのかどうかは別として。
始めます。ちなみに……

 

完全に1人っきりだと、スピナーを回したりプレイの様子を撮影する事が出来ないので、スタッフに付き合ってもらう事にした。


位置について 右足、赤です 左足、赤です
右手、青 もう1回右手、青 右足、緑。端から端へ、
難易度が高まる

両手両足の指示が出揃った時点で、段々辛くなってくる。
以前、お年寄りに混ざって体力測定を受けた時、体力年令59才と判定された事を忘れていた。僕の体の固さは並じゃない。


右手、青 左手、緑 右足、緑

無理な体勢が続き、手足がプルプル震えてきた。
産まれたてのヤギみたいになっている。


思わぬハプニングにドキッ!

1人なので、もちろん思わぬハプニングなんて起こらない。ただひたすらそこら中の筋が痛いだけだ。


左足、赤 右足、青 左足、赤

右足、緑。だ、だ、だめだ〜

結局、エキセントリックなストレッチ体操をやった、といった感じでしょうか。ちっとも楽しくなかった。まあ、やる前から薄々気付いてはいましたが、ツイスターは1人でやるもんじゃありません。ちょっとしたパーティの時などに、気の合う仲間たちと遊ぶのが賢明ですね。

遊ぶ前に筋を伸ばしておくことを忘れずに。


そして少年は笛を吹き続ける


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.