デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ475
 
「セントレア」に行ってきました

名古屋に行く用事があったので、2月17日に開港したばかりの中部国際空港「セントレア」を見てきました。飛行機に乗る予定はなかったけれど、タイムリーだから。

(text by 田中あずさ

片道1200円也
ホームにはカメラを構える人もたくさん

名古屋駅から快速特急で約30分

名古屋からセントレアへは電車で行った。名鉄線の快速特急に乗るのがいちばん早いそうで、約30分で到着した。

自身が空港を利用する機会があまりないので他との比較ができないのだが、特急電車はキレイで快適だった。車内も広いし、荷物置き場も大きい。旅行仕様ですね。

飛行機に乗るわけではないのに、特急電車に乗っているあいだはとてもワクワクした。楽しいと走るクセがあるのだが、セントレア駅に着いたとたん、やはり小走りになっていた。

セントレアは空港としてだけではなく、ショッピングや食事、エステなどを楽しめるレジャースポットとしても注目を集めているそうだ。今回は飛行機には乗らないので、このへんを見学することにします。


レンガ通り
ちょうちん横丁

ビーナスフォート+大江戸温泉物語÷2=セントレア

・・・東京のお台場に、ヨーロッパの街並みをイメージした「ビーナスフォート」というショッピングパークと、江戸時代の街並みを模した「大江戸温泉物語」という大型温泉パークがある。結果から言うと、セントレアのショッピングモールはそれと同じだった。

空港内には展望露天風呂もあるので、この地域から東京のお台場に遊びにいくなら、セントレアでも充分同じように楽しめるのではないかと思う。逆にコンパクトにまとまっていて効率的かもしれない。


噴水の影になって案内版が見えないことも。飛行機に乗り遅れたら「天使にジャマされたの」って言いましょう。
こちらもちょうちんに気をとられて案内版を見逃しがち。私がうわついていただけかもしれませんが。

案内板もテーマパーク風だけど

「ちょうちん横丁は名古屋城をイメージしているのかな!?」「レンガ通りは名古屋にそういうスポットがあるのかしらん!?」・・・空港へ、という興奮も相まってすっかり名古屋の観光地に来たような気分でいたのだが、落ち着いてみればここは交通機関のターミナルだ。

飛行機に乗る人のための場所なんだから観光地じゃないのか。とこのへんで小走り気分も落ち着いた。

 

セントレアのおみやげ

ショップで見つけた、限定またはご当地おみやげです。


タイヤをイメージしたバウムクーヘン。トヨタ自動車製。
「ジャンボシャチくん」とかそういうかんじの名前でした。
金シャチチョロQ
天むすチョロQ
おみやげじゃないけど和風のスタバ
名古屋牛乳は売ってません

乗り物は見ていて飽きません

まとめと考察

今回は分量が多いわけでもないのに書くのに苦労した。観光気分で行く前に期待しすぎたので、想像していたようなご当地ネタが取材できなかったからだ。

レストランや温泉などが充実しているので観光地として利用する方も多いらしく、当日はとても混雑していた。でも本来はターミナルなので、そのうち観光熱も落ち着くのではないかと思う。

そういえば、「セントレア」の名前の由来は「center air city」の造語と言われているが、裏意味では「銭湯があるレアな空港」のもじりだというハナシもあるらしい。ぜひ、本当の意味が後者であることを願いつつ、レポートを終わりにします。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.