デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ521
 
パーティグッズで花見を盛り上げたい。
これが今回、花見の為に準備したもの。

花見の季節がやってきた。
私は個人行動を好む性格でかつインドア。自分ではそれを宣伝はしていないのに、なかなか花見の席などアウトドアなイベントに誘ってもらえない。
ところが、今年は花見に誘ってくれる人がいた。 なんとかアピールをして『誘ってよかった』と思ってくれればこれからも、キャンプやバーベキューに誘ってもらえるに違いない。自分の笑いのセンスには自信がないので、小道具でなんとか場を盛り上げたいと思った。

(text by 藤井 季美

不慣れなコトをしてみる。

今回、用意したこの被り物は登場時に被っているべきな気がする。
そうでないととこれをカバンから出すタイミングが無くなりそうだ。そう思ったので、花見の会場からは少し離れた公園の入り口で被ってみることにした。グッズは2つ買ってみたけど、これはどう見てもアフロのほうがインパクトがあるだろう・・・と思い。アフロを着用。


アフロ。柔らかくて被り心地も良い。

 

恥ずかしがったら負けなのだ。

恥ずかしい。周囲のざわざわした声すべてが私のことを笑っているように聞こえる。いや気のせいだ。不慣れなことをしているので心臓がどきどきする。普段、あまりふざけたりしない人が気合入れてふざけると滑るんだよなぁ・・・と思いながら、平常心をいいきかせる。 恥ずかしがるとうまく行かない。ここは堂々としなければ。気合よ 気合。

ただ何もせずに歩いてると視線が刺さる。やっぱ見てる。みんな見てる。
どきどきして顔を上げられない。ややうつむき気味になってしまう。 電話などの小道具があれば場がもつだろう。公園を歩きながら場所を確認するために電話をしてみる。


「どこにいるのー?」

 

早くこの状況を脱したい。

花見してるグループはまあ、ちらほらいるけど、肝心の桜は1本しか咲いてない。みんなガンバルなぁ。

たった1本の桜にこの人達。
あ、友達発見。

私の目指す花見場所が見えてきた。まだあんまり人来てないみたいだ。もっと遅れてくれば良かっただろうか。そしてみんな暖かく迎え入れてくれるだろうか?・・あー早くアフロ脱ぎたい。誰か助けてくれ。


やっほー。

恥ずかしくて、どきどきしてしょうがないのに平静を装って登場。でも、友人たちったらすでに何か顔につけてる。そういえばコンセプトは「仮面舞踏会」って言っていたような・・。

あー。なにそれー。やー。かわいい!

おお。ウケてる。好評だ。

なんてことないって顔してすましてるー!

違うんだよ。違う。恥ずかしくてなんのリアクションもとれないから、すまして見えるんだよ。

とにかく好評かつ、あたかい言葉を浴び心拍数も下がってきた。こういう場ではいつも何もできずに輪のノリから出遅れていた私もこれで愉快な仲間として存在を認めてもらえたっぽい。あーよかった。寒い空気にならなくて。

やっぱ見られてる。
これがもう一つの被り物。シャンプーハットみたい

まとめ: 滑るのを恐がってバカになりきれない自分からの脱却というのでしょうか、慣れないことを無理してやってみるのも良いものなのかもしれません。とにかく場が和んで花見が楽しければそれでいいのよ。それで。

すぐに飽きられてしまい。放置状態。

DATA:パーティグッズ&コスチューム専門店
わくわくランド


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.