デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ580
 
新しい概念のカレーうどんに挑戦

先日「うどんログの人にうどんナビをしてもらったよ!」の取材時に、うどんログ・マツイ氏としてたお話。
「うどんを自分で打つとき、何か練り混んだりしないんですか?」
「そうですね、よもぎとか、梅なんかが入ってるやつってありますけどねー」
「他にいろんな味があってもよさそうですよねえ」
「ゆず味とか美味しそうだなあ。あと……カレー味とか」
「あー、カレー練りこんで作ったら、何もしないでカレーうどんになりますね! ナイスアイデアですね!」
「じゃあ大塚さん、作ってみてくださいよ!」
「………え」
「ね、作ってください! 是非!」

(text by 大塚 幸代

そんなわけで、

打ってみることにしましたよ……。
カレー粉だけだと味が薄いかも、と思ったので、ドライカレーの素を用意。

まずカップ1杯の小麦粉にざーっとカレー味投入。


そこにテキトーに水を入れてこねこねこねこねして、少し寝かせてから、


切ります。

普通のお湯で茹でてから、醤油だしの汁にイン。
……こんなんできました。



ずるずるー。
…………うむ。
しょっぱい。いや、麺のみ食べると良い加減の味なんだけど、醤油スープとからめると、クドいかもしれない。
でも麺の味をもっと薄くしても、合うかどうか、よく分からない……。なんか、こう、納得いかない感じの味。
カレーというのは、あの液体の状態が、味わうのに最もベスト形なんだろうなあ、と再認識。

マカロニみたいに麺の中を空洞にして、そこにカレーを詰め込んでみたらいいかもしれないなあ、でも、そんなの、素人の技術では出来ないわ……などと、悩みながら完食したのでした。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.