デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ603
 
どんぶりの「どどん」
見上げると、どどん

下高井戸の商店街を歩いていて、気になる店をみつけた。店の名前は「どどん」。どうやら、どんぶりの専門店らしい。

それにしても、なんと素晴らしいネーミングだろうか。シンプルだが、どんぶりの重量感を簡潔に言い表している。

どんぶり専門店といえば吉野家などのチェーン店を思い出すが、地元商店街に根ざした店というのは、一体どうなっているんだろうか。

店の名前に惹かれ、入ってみました。

高瀬 克子

学生&レスラーの店

狭い階段を上がっていくと、突き当たりに「学生ローン」と共に「どどん」の名前があった。ローンに用がある人が来たら「利子がどどん、なのか?」と不安になるんじゃないだろうか。大丈夫か。


別々の店です

店内には男子学生が数人。そういえば、近くには日本大学がある。「痩せた若い男子ほど大食い」というイメージがあるが、そういう彼らにとってこの店は、さぞや有り難い存在だろう。

いかにも食べそうな年格好
やはり学生が多いらしい

「さて、なにを注文しようか」と、壁に貼られたメニューを見るものの、意味の分からないメニューが何点かある。

「ブッチャー丼?」

…ブッチャーというのは、プロレスラーの、あのブッチャーのことだろうか。壁に貼られた以外にも「ボブサッ丼、ラリアッ丼」なるメニューがあるところを見ると、やはり、あのブッチャーのようだ。



普通盛り、大盛り、どどん盛りと、値段が上がります。どどん盛りかー(畏怖&憧れ)

店内を見回すと、マガジンラックにはプロレス雑誌、壁には田口(新日本)のサインや記事が飾られている。プロレス好きにはたまらないシチュエーションだ。
プロレス雑誌を毎週2誌ずつ買うと高くつくので、こういうのは大変にありがたい
ファンはお店の人に話を聞きに行く価値がありますよ

 

ごはんがおいしい

学生やレスラーが多く来る店で、いきなり肉系のどんぶりを頼む勇気がなかったので「本日のおすすめ丼」である「ネギトロ月見丼」を選んでみた。火を使うメニューじゃないせいか吉野家なみの早さで出てきたのだが、やはりごはんの量が決定的に違う。


どどーん。普通盛りとは思えない量


なるほど、学生やレスラーに人気があるのがわかる量だ。そして、白いごはんが物凄くおいしい。

どんぶりを食べる時はスピードが命。のんびり食べていると、あっというまに腹が一杯になってしまう。このどんぶりは、ごはんのおいしさも手伝って一気に食べ切ることができた。


ありがたい券をいただきました

さて、そこで気になるのが「ブッチャー丼」の存在だ。なにがブッチャーなのかを確かめるため、翌日ふたたび店を訪ねた。

 

ぎりぎり食べられました

2日目、入店したのは午後9時半。ラストオーダーは10時半だが、ごはんがなくなり次第閉店すると聞いていたので、焦りながらの入店だった。

なんとか間に合いブッチャー丼を注文した直後「ごはんラスト5人です」と店の人が囁いていたので、どうやらギリギリだった模様。


これがブッチャー丼。焼いた牛肉の上におろしポン酢、という内容

ブッチャーのイメージというと、やはりパックリと割れた額から流れる血だろう。ということはあれか、肉=額、ポン酢=血、か?

実は小学生の頃、額を怪我して流血したことがあり、一時的に「ブッチャー」とあだ名されたことがあるだけに、実食できて感慨も深い。


わざとごはんを残し、サービス券でゲットした納豆を乗せました

お客さんが途切れた隙に、店の主人に話を聞いてみた。

──あのー、なんでプロレスラーの名前が付いてるんですか?
「あ、プロレス好きなもので…」

まだ若そうな店の主人が、言葉少なに答えてくれた。調子に乗って、 いろいろと聞いてみる。

──ごはんの量が凄いですけど、一日に何合くらい炊くんです?
「何合って言われても…。10キロから15キロくらいですかね」
──キロですか! やっぱり体育会系の学生さんは大盛りですか?
「いや、運動やってる連中ほど量は食べないです。文化系の学生の方
がビックリするくらい食べますよ」

なるほど。いやー、聞いてみなければ分からないものだ。

“今日はおいしい白いごはんを山のように食べたい”と思ったら、下高井戸へ行くことをお奨めいたします。白いごはんが、ほんっとにウマイですよ。

私ももう中年と呼ばれる年域に達してしまった。もう「ごはんをたらふく食べられて幸せだ」とか言ってる場合ではないのかもしれない。

でもまぁ、いずれイヤでも食べられなくなる時がくるのなら、今のうちにせっせと食べておきましょう。というわけで、次回は大盛りに挑戦しようと思います。みなさまも是非。レッツどどん。

「どどん」
  〒156-0044 赤堤4丁目45-12
  電話:03-3325-260
  不定休
  11:30〜15:00 17:00〜22:30

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.