デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ788
 
光るトクホンの正体

そう、あれは数年前の冬。雪山のペンションで一人寝付けずにいた時、私は青白い光を見た。
その正体とは……!

佐倉 美穂

それはこんな夜だった

私事で恐縮だが、イベント前夜は眠れない方だ。
子供の遠足なんて有名どころは当然。それが大人になり、「明日引っ越しだから早寝しなくちゃ」なんて時にも優に2時間は寝付けない。

それがスキーときたらもう。
朝4時起きだから10時には寝ないと、とスタンバイばっちりで布団に入るが、やはり日付が変わっても寝付けない。

リードで書いたのは、そのスキー1日目を滑り終わり、疲労と飲酒でだるくもてあました体を早く休め、翌日のスキーに備えたい、そんな夜だった。

当然寝付けない。真の闇の中、仲間の寝息だけが響く。
いったい羊を何匹数えたことか。もういっそ羊を抱いて寝たい


いい夢見させてあげたいネ

布団に入って6時間、未だ入眠できず、寝不足とスキー滑走で足が非常にだるい。
しょうがない、他の人を起こさないように、手探りでシップ薬のトクホンを探す。
いざ貼ろうと剥離紙から剥がした時、それは起こった。

剥離紙とトクホンの間が青白く光ったのだ!

トクホンが光った! ああこの感動を誰かに伝えたい。しかし皆寝ている。
もどかしさを胸に寝入ったのは、結局何時のことだったか……。

こんな話を思い出したのは、ある日TVで「トリビアの泉」を見たからだ。
ガムテープを勢いよく剥がすと光る、という知識が寄せられていた。

「何よ! トクホンも光るわよ!」

ああ、投稿すればよかった。
なら実験して原稿にしましょう。
ということで、青白い光について検証したのです。


まずは氷砂糖で

調べてみると、その現象は「摩擦ルミネセンス」というもので、力学的エネルギーの一部が光に変換されたものらしい。

さっぱりわかりません。なんだそれ。

しかし有名どころでは鉱物結晶を砕いた時にも光るという。身近なところでは、氷砂糖で応用できるというのだ。


これ光るの? マジで?

というわけで早速やってみた。

氷砂糖をトンカチで砕いた時に光が発生するという。
夜、部屋を暗くし、ガキンガキンと何度も打つ。


激しく打ってます

その音はかなり大きく、ご近所さんに何て思われているかと不安になりながら氷砂糖を砕いた。

結果の写真は以下のもの。


え? というくらい闇

全く光らない。どういうことだこれは。
何度やっても、違う氷砂糖を使っても光らない。
しかし調べると「氷砂糖は砕ける時に発光する」といろんなところで書かれている。
……私の何がいけなかったというのだろうか……。

手軽にできる実験ですので、もしよかったら試してみて下さい。光った、という方は報告をいただけると嬉しいです。私は少し悔しいかもしれませんが。

ちなみに火打ち石が光るのもこれと同じ原理だそうだ。


望みはトクホンに

ここであの気持ちの高揚を取り戻すべく、トクホンに登場願った。


愛用している保存パック

さあ中身を出し、部屋を暗くして本体を剥離紙から剥がす。
期待を胸に勢いよく引っ張ると、やはり光った!


いざ!
実際は写真よりずっと明るい

それは冷たいけれども幻想的とも言える、本当に青白いものだった。
ああ、あの雪山で一人興奮した光にまた出会えた。
ありがとうトクホン。ありがとう摩擦ルミネセンス。


有名どころのガムテープに挑戦

最後にトリビアの泉でやっていたガムテープにも挑戦してみよう。
まず布テープをロールから剥がしてみる。


いくぞー
……あれ? 失敗

それでは、とクラフトテープをロールから剥がしてみる。


これでどうだ
やはり失敗

テープ同士を張り合わせ、それを勢いよく剥がすのが良い、という記述を見つけ、それも試すが、張り合わせた布テープを女の力で剥がすのは相当無理だった。
クラフトテープでやってみたものの、やはり光らず。

勢いが大切、という記述もあったので、ちょっと工夫をこらしてみた。
場所はトイレだ。

トイレットペーパーの芯にガムテープを通し、それを力一杯、勢いよく引っ張ることでどうにかならないか。幸いトイレは暗室とも言える程の暗闇だ。


いつもこんなトイレだったら困るなあ

せーの、で、ガーーーーーーッ!(引っ張る音)


戦のあと

ガムテープがこんな状態になるまで引っ張ったが、やはり光らず……。
氷砂糖といい、何がいけないのかわからない。とりあえず私は全力を尽くした。
肩を落としてトイレから出る。まるで便秘で悩んでいるようだ。

失敗しました、というばかりの写真では申し訳ないので、ガムテープでの発光に成功した方の写真をお借りして掲載させていただきます。


らくらく化学実験_実験情報データベースより転載

私も、私も光らせたかった! むしろ私が光りたかった!
今度トクホンを体から剥がす時、光るかどうか暗闇で見てみようと思う。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.