デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ809

 
駅のホームにずっと居る。
ホーム。とても日常的な光景。

駅のホーム。

足早に通り過ぎるか、次の電車まで暇をもてあます場所である。どちらにしても退屈な場所だ。
僕は駅のホームに10分も居るといらいらしてしまう。

しかし、駅のホームにずっと居ると、その退屈感が薄れるのではないか。

そんなわけで一日中ホームに居る事にした。果たしてどんなドラマがあったのか、あるいはなかったのか。

梅田カズヒコ

PM0:30 新宿駅中央口


何も起こらない。

いつも通りのホームだね。

昼過ぎの新宿駅はいつもより少しだけ人通りが少ないように思えた。ふらりふらりと目的もなく歩く。まあ駅にずっと居る事が目的なのでもう目的は実行中なのだが。

特に何も書くべき事がない。普段通りの新宿駅のホームである。

取材用メモを見返すとこんな事が書いてあった。

12:50
何もない。
13:10
何もない。人が増えたな。

開始から40分経って、僕がハンティングできた情報は「人が増えたな」である。なんだこれは。大丈夫なのか?

 

PM1:20 12番ホーム


ホームに靴を落としてしまった女性。
駅員さん、独特の道具を持ってやってくる。

今日はじめての変化が起こった。

ふらりふらりと目的もなくホームをさまよっていると女性の声が聞こえてきた。

「すいません、靴を落としちゃったんですけど」
どうやら女性はホームの下に靴を落としてしまったらしい。
所在なさげに佇む女性。しばらくすると駅員さんが独特の道具(写真左下)を持って帰ってきた。

そこへ次の山手線がやってくるというアナウンス。この駅員さんはホーム内のアナウンスを担当しているようで、いったん車掌業務を行わなくてはいけない。

そこで応援を呼ぶべく「業務連絡、業務連絡……」とマイクに呼びかけているがいっこうに返事が返ってこない。

山手線が行ったあとは総武線がやってきて、その車掌業務もこなさなければいけないい。ボーッと見てると車掌さんって忙しいんだなーって事がよく分かる。

結局山手線が3本、総武線が2本出発した後で靴は戻ってきたようだ。山手線や総武線のホームで靴を落とすと電車の本数が多いからなかなか拾い上げてくれない。そんな事に気づいた。

ちなみに駅員さんが持っていた棒の正式名称は
「安全拾得器」という名前らしい。


安全拾得器。ホームの柱に常設されているようです。

 

ひまだ。

あまりに暇なので駅の改装工事で働くおじさんを眺めている。大変そうだ。


安全拾得器。ホームの柱に常設されているようです。

 

PM3:40 7番ホーム

あ、2人になってる。

 

PM4:20 3番ホーム



何もないのにホームに居るのは結構疲れる。

 

PM4:25 3番ホーム



「ちょっとそこじゃまなんですけど」と言われ10センチ右へ移動。

 

PM5:00 終了



もう、帰ろう。次の電車で。

撮るべきもののないところでカメラを構える不審な人

駅のホームに5時間いた感想は、「意外と飽きなかった」の一言だ。

ホームは他人と他人が交わる交差点。記事にもならないような狭いささいな事件が数々あって、思ったよりはすぐ時間が過ぎてしまった、という印象だ。

電車待ちの10分はイライラするのに、何もしない5時間は案外楽しい。そもそも、すべては気の持ちようかもしれない。(でも、電車待ちはやっぱりうっとうしい)


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.