デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ979
 
動くステレオ写真を作ろう

ステレオ写真といえば、視点のわずかに違う写真を2枚ならべて立体的にみようとするもの。

当サイトの火曜担当ライター乙幡さんの特集「簡単ステレオカメラで街に出よう」では、トイカメラを2台並べることでステレオ写真が簡単に撮れるという内容が紹介されていた。

ということは、デジカメを2台ならべて動画撮影をすれば動くステレオ写真が作れるんじゃないか?

ものは試し、実際にやってみました。

(text by 三土たつお

左と右で視点の高さが違っちゃってる。

最初から無理やりな進行になった

冒頭の特集記事を見てもわかるように、この撮影はほんとうは同じ種類のカメラを並べてやるべきだ。

でもぼくは同じデジカメを2台も買うほど酔狂じゃない。もう1台違う種類のやつを知り合いに借りて、強引に並べて撮影を始めることにする。

おかげで視点の位置が左右でずれちゃったりしたので、片方をマンガの上に乗せるなどのローテクを駆使して撮影した。


左右の撮影のタイミングあわせも、だいたい一緒ならいいだろう、という感じ。ずれたら後で直せばいいし。なんとかなるだろうと思ってすすめたのだけど。

 

なんともならなかった

ところがやっぱり大変で、取りこんでみると左右の色味が違う、ズームが違う、タイミングが違うといった具合で、まるきりうまく行かなかった。

たとえば次の写真は最初のフレームの左右をならべたものなんだけど、ずれまくってて立体視するのはむずかしい。

(写真は平行法でご覧ください。交差法、平行法についての乙幡さんによる解説はこちら。以下の注意文は該当記事からそのままお借りしました。)

【注意!】
がめんを ながいあいだ じっとみつめると、めが わるくなるよ! ためしてみるときは へやをあかるくして おうちのひとと いっしょにやろうね!


平行法 (遠くを見る感じ)
でごらん下さい。

被写体がパンとか茶碗とかと中途半端なのは、実はさっきまでこれらを使った全然べつのネタを書いていて、急遽この企画に替えたからなのでした。

2006年もいきなり計画性ゼロで始まってます。

 

できあがったものはこちら

そういうわけで、四苦八苦しながら色味やズームを直したりしてなんとかできたのがこちら。

わずか10コマ分だけど、いちおうそれっぽく見えるんじゃないかと思う。


完成したアニメGIF。マウスオーバーで動きます(同じく平行法でごらん下さい)。

パラパラマンガを苦労して描いたらめくるのはあっという間だった、みたいな感じだけど、なんとか想定どおりのものはできた、ということにしよう。

とはいえ、今回みたいに手動でぜんぶやるのはあまりにも非効率だ。どこかにそういうツールがあれば、パラパラステレオ写真もだいぶ作りやすくなると思うのだけど。

ちまちまと動画を調整していたら朝になってしまった自分をのろいつつ、以上です。




 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.