デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ995
 
のどスプレー飛距離くらべ
飛び出せ!

「患部に直にあたる!」というダイレクトさが魅力的な のどスプレー。のどがイガイガするとき、ときどき使う。

で、何度か違うメーカーのものを買って試したのだが、喉への当たり方が結構違うと思うのだ。勢いがあるのとないのとがある。私はわりと強めに喉に当たるのが好きだ。

今回はのどスプレーを大人買い、その吹き付けの強さを競わせました。今、一番勢いのある(いろんな意味で!)のどスプレーは、はたして。(text by 古賀及子

合計7種類を戦わせる

とはいったものの、戦わせるほどの種類の のどスプレーが世の中にはあるだろうか。買い出しに行ってみると、3軒回っただけで7種類もの のどスプレーが見つかった。

7種類て! そんなにたくさん種類があったら、全国で4個ぐらいしか売れてないのも1種類ぐらいあるんじゃないか。大丈夫か。

ぜんぶちゃんと売れてるのか

その後ネットで調べると、さらにもう際限ないほどののどスプレーを検出。………。もういい、とりあえず今回はこいつらを戦わせていこう。

協議はもぞう紙の上で

リングは、もぞう紙。もぞう紙の隅においた のどスプレーを勢いよく噴射させ、液がどこまで飛ぶかを競う。

位置について、噴射!

トーナメントを組んでもよかったが、そんなにいっぱいもぞう紙がなかったため一枚のもぞう紙を使って行う。同時に全員が同じリングで戦い合うのだ。バトルロワイヤルである。

普段スポーツや格闘技にまったく縁がない私だが、だいたいこんな感じなんじゃないかと燃えている次第です。

選手の紹介です

それではまずは7種類の選手の紹介をしていこう。


のどスプレー no.1 のどぬ〜るスプレー 小林製薬
下馬評(古賀個人による):高い 味:甘め 

圧倒的なノズルの長さでおなじみの感のある一品。液体のど飴いったイメージ。


のどスプレー no.2 ジェントルスロートA 東洋化学
下馬評:高い 味:にが甘い

こちらもノズルが長いタイプ。思い切ったのは商品名。「ジェントルスロート」ときた。飛距離の期待も高い。


のどスプレー no.3 フィニッシュコーワ 興和
下馬評:やや高い 味:刺激が強くまあまあ甘い

いまだに「歌手の小金沢くん」のCMのイメージが離れない。CMのナレーションの真似をぜひ習得したい。


のどスプレー no.4 ポピクル 共立薬品
下馬評:低い 味:思いのほか苦い

初見。商品名の適当な軽さといい、口の絵どがーん、のパッケージといいかっこいい。かなり安かった。


のどスプレー no.5 龍角散AZのどスプレー
 販売:龍角散 製造:昭和薬品化工業
下馬評:低い 味:甘くやや苦い。後味が酒っぽい

「龍角散」などあるブランド名を冠して別会社が製造している商品って結構ある模様。ノズルの自由度がかなり高い。


のどスプレー no.6 クリーンピットAZ
 発売:明治乳業 製造販売:日本点眼薬研究所
下馬評:ちょっと低い 味:ほとんどしない

なんと口内炎にも効くのだという。no5までののどスプレーとは一線を画したタイプ。しかも「発売:明治乳業」って何事だ。薬出してるとは知りませんでした。
「薬草の研究から得られた」とも書いてある。なんだかすごそうな一品だが、コンパクトなボディに飛距離の期待値は低い。


のどスプレー no.7 クールスロート
 発売:小林薬学工業 販売:日本医薬品工業 製造:昭和薬品化工業
下馬評:低いような高いような 味:ちょっとスッとする

「クリーンピット」と同じタイプ。口腔内消炎剤というらしい。発売、販売、製造会社が全部違うというみつどもえ状態が気になる。大穴か。


各種、適当な解説を入れていたらだんだん盛り上がってきた。それでは、いよいよ飛ばします。

思ったよりも飛ぶぞ!

ルールはシンプルだ。7種類をもぞう紙の上にならべ、片っ端から思いっきりプッシュしていく。

ちなみに本当は野外にもぞう紙を敷いて実験の予定だったのだが、非常な強風のため急遽屋内で実施された。

代替えとして用意した部屋は相当狭い。実は、この狭さがバトルの障壁となった。各のどスプレー、すごく飛ぶのだ。もぞう紙1枚以上 楽に飛ぶ。

もぞう紙、はみだしました−!

エントリーno.1の「のどぬ〜るスプレー」からしていきなり もぞう紙超えである。あわてて2枚のもぞう紙をつなぎ合わせて仕切り直し。

舞台は机の上から床へ

2枚のもぞう紙を超えて飛び散ることはさすがに無く、レフェリー、観客総勢1名つまり私だけが「おおー!」「これはすごい!」などと うめくなか、戦いはエントリーno.4の「ポピクル」まで進んだ。


いきなり私の身長を超えた 大健闘のノズル勢 そして2メートル越えも

第一回 中間発表

no.1 のどぬ〜るスプレー

160.5 cm
no.2 ジェントルスロートA 207.4 cm
no.3 フィニッシュコーワ 81.3 cm
no.4 ポピクル 186.4 cm

ジェントルという名前にやるぞ、やるぞとは思っていたが「ジェントルスロートA」が2メートルを超えてきた。

2メートルということは、子供がバレーボールの選手の口めがけてスプレーしても届くということだ。どうゆうシュチュエーションだろう。

なにしろ期待以上の伸びである。しかし、事件はno4.の「龍角散AZのどスプレー」で起きた。

さらにもぞう紙追加!

そう。また、はみ出したのだ。まさかのダークホースの出現である。俄然もりあがる室内。

すごい元気

さらにもぞう紙を手前に引っ張ってぎりぎりまで広げて「龍角散AZのどスプレー」の再発射。そして……!

で、出たー

まぼろしの250cm越えがここに達成! いや、まぼろしって何がかとも思うが、一人静かに、それぐらい盛り上がっていた。

その後、口腔内消炎剤系の2種類はふるわず、結局龍角散AZがぶっちぎりで優勝と逃げ切った。

結果発表

no.1 のどぬ〜るスプレー

160.5 cm
no.2 ジェントルスロートA 207.4 cm
no.3 フィニッシュコーワ 81.3 cm
no.4 ポピクル 186.4 cm
no.5 龍角散AZのどスプレー 257.3 cm
no.6 クリーンピットAZ 98.3 cm
no.7 クールスロート 95.2 cm

思わぬ誤算

そういった訳で、第一回のどスプレー飛距離対決を制した「龍角散AZのどスプレー」。あらためて 応援で枯れた のどにスプレーしてみた。

……。

いや、実は思ったほど のどに強くあたる感じがしなかったのだ。強いて言えば「ジェントルスロートA」の方が協力だろうか。あ、そうか、ワンプッシュで出る量も重要なのか。

おや?

今後の のどスプレー選びの参考にはならなかったものの、飛距離を競わせることによって、「のどスプレーを応援する」という奇特な体験をすることができた。

こんな体験なかなかできないだろう。もしかして世界でも2人とか3人目じゃないか。ちょっと嬉しいので、今日はこの辺でかんべんしといてやろうかと思います。

少量無駄に発射してしまったので、残ったのどスプレーは大事に大事に のどの養生に使います。


 

▲トップに戻るコネタバックナンバーへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.