デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ1000
 
歌の舞台となった場所でその歌を歌う
 

時を超え、世代を超えて歌い継がれる名曲の数々。そんな名曲たちの中には実在の場所を題名とする歌がある。今回はそんな歌の舞台となった場所に出向き、その場所でその歌を歌いたいと思う。選んだ歌は「矢切の渡し」。柴又駅から徒歩で10分程度、都内に唯一残る渡し船を舞台とした名曲である。

(text by 住 正徳

「矢切の渡し」(オリジナルカラオケ付)by 細川たかし

「矢切の渡し」はどんな歌だっただろうか。
カセットテープを購入し、改めて歌詞を読み込んでみた。

3番まである歌詞を要約すると……、
柴又で悲しい噂を立てられた恋人同士が親に背いて恋を貫き、矢切の渡しから見知らぬ土地へと駆け落ちする、という内容だった。牧歌的なメロディとは裏腹に、割と深刻な恋の唄なのだ。

親のこころに背いちゃった2人は、一体どんな気持ちで渡し船に揺られていたのか。その辺りの心情を想像しながら、矢切の渡しで「矢切の渡し」を歌いたい。


矢切の渡し

東京都柴又から江戸川をまたいで千葉県松戸市矢切まで、約100メートルほどを渡す矢切の渡し。


東京側から矢切を臨む

柴又側から船に乗り松戸側に到着するまでの間、カラオケで「矢切の渡し」を歌おうと考えていたのだが、残念ながら訪れた日は強風の為、運休だった。

「やってる日はあっち側に旗が上がるんだけどな」
と、渡し場まで自転車で乗り付けていたおじさんが教えてくれた。


矢切の渡しに詳しい人物

「まあ、向こうに行っても畑しかないし、なんて事ないよ」

今までの生活を捨て、一大決心のもと矢切まで渡る。そんな2人の切羽詰まった気持ちを台無しにするおじさんの発言。

まあ、そうですよね。ちょっと対岸に渡るだけですもんね。
おじさんに話を合わせつつ、カラオケの準備をすすめる。


カラオケ機能付きのラジカセを使う

船に乗って歌う事が出来ないので、東京側の渡し場で歌う事に。

購入したカセットテープのオリジナルカラオケ部分を頭出しする。マイクをラジカセにつなぎ、歌の準備は整った。


ミュージックスタート

チャラ〜、チャラチャンチャンチャン〜
矢切の渡しに「矢切の渡し」のイントロが流れる。

イントロの時間は約30秒。

それでは、心をこめて歌います。



※写真はイメージです

(以下、ナレーション風に読んでください)

連れて逃げてと言われたら
ついて来いよと男意気
親を裏切り恋に生きる
そんな2人の旅立ちです

さあ、続いて2番に参りましょう。



※写真はイメージです

(以下、ナレーション風に読んでください)

見捨てるなんておこがましい
むしろ俺を捨てるなよ
川の向こうには夢がある
そんな2人が揺られてます

次は最後の3番です。




ラジカセのボリュームがマックスだったので、観光客が集まり始めてしまった。

「あの人、いつもあそこで歌ってるの?」

そんな声が聞こえた。



以上。
ご清聴、ありがとうございました。

 

今回は渡し船に乗る事が出来ず残念でしたが、少しは駆け落ちする2人の気分を味わえた事と思います。

次回、機会がありましたら襟裳岬で「襟裳岬」を歌って、本当に襟裳の春は何もないの春なのか、感じてきたいと思います。

Say Yeah!

 

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.