デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ1035

 
豊洲は本当に「僕のドリーム」なのか?
今年の春にはゆりかもめも開通するようです、豊洲。

日本ハムの新庄選手が好きだ。

新庄選手の登場する豊洲のマンションのCMをご存じだろうか。知らなければぜひ知っておいて欲しい。巷じゃ結構話題のCMだ。

「銀座は僕のクローゼット!
お台場は僕のビーチ!
豊洲は僕のドリーム!」

と新庄が言い放つCMである。お台場が僕のビーチだなんて、銀座が僕のクローゼットなんてなんかスケールでかすぎる。かっこいいよ、新庄。 (※以下、本文中ではあえて親しみをこめて「新庄」と呼び捨てにします)

影響を受けて僕も豊洲にドリームを探しに行ってきました。果たして豊洲にドリームは見つかるのか。そもそもドリームって何ですか?

梅田カズヒコ

豊洲ってどんな場所なの? と思っているかたへ

豊洲は簡単に言えば埋め立て地だ。
東京は現在、都心回帰現象が進み郊外から人が戻ってきている状況だが、いかんせん東京には新しい住宅を建てるためのスペースがない。そこで現在、大規模な宅地開発はベイエリアの埋め立て地で行われる事が多い。豊洲のほかにもお台場にほど近い東雲(しののめ)、芝浦などが現在アツい開発スポットだ。


東京の地下路線図だとこのあたりです、豊洲。

 

そんな場所に新庄の言う「ドリーム」を探しに行ってきました。

地下鉄有楽町線の豊洲駅を中心に広がる豊洲の街は、ちょうど四方に豊洲2丁目、3丁目、4丁目、5丁目と広がっている。そこで丁目ごとに豊洲の魅力をさぐっていくことにした。

 

そんな場所に新庄の言う「ドリーム」を探しに行ってきまずは豊洲2丁目(あるいは僕のドリーム!)

まずは駅の西側に広がる豊洲2丁目を歩いてみよう。地図上でももっとも空き地の多いスポットである。


豊洲2丁目、地図が真っ白だ。

地図から推測するに何もない空き地が広がっているのだろうか。しかし現実にはこんな風景が広がっていた。

これが、僕の見た豊洲2丁目だ!

どこもかしかもせわしなくクレーンとトラックが行き来していた。荒れ地に急ピッチに高層建築物を次々と建てている様子は「え? ひょっとして僕、高度経済成長期にタイムスリップしたのか」と思うような雰囲気だ。
いやー、これは確かに夢、広がるわ。

どこもかしこも工事中、整備中だらけ。僕は味わった事ないけど高度経済成長期ってこんな感じか。


続いて豊洲3丁目(あるいは僕のドリーム!)

次は駅の北側に広がる豊洲3丁目に言ってみよう。こちらもまた、地図上で確認すると空白の多そうなポイントである。


豊洲3丁目付近の図。何もなさそう。

ところが上の地図の右上、アルファベットの「B」という文字がある場所の下にある空白ははこんなものがあった。


これが、僕の見た豊洲3丁目だ!
地図上の空白に大きいショッピングセンターが表れた。

豊洲センタービルという165メートルの高層ビルが見下ろす豊洲3丁目は豊洲の中でも未来(と書いてドリーム! と新庄は言う)を予感させる場所だった。
空白だった地図上には大きなショッピングセンターが建っている。ちなみに断っておくが僕の持っている地図は決して古いものではない。つくばエクスプレスが普通に地図の中に描かれているから去年の地図だろう。

ショッピングセンターに入ってみた。

 

ここのショッピングセンターは何もかもがスケールでかかったぜ。


写真の中、全部植木鉢。植木鉢だけでバリエーションありすぎ!
こっちは全部ホース! ホースだけで場所使いすぎ。
キッチンストリートと呼ばれる売り場には……
天井に鍋や鍋ぶたが浮かぶ。天井に鍋ぶたって!! これがあなたのいうドリームなのか!?


続いて豊洲5丁目(あるいは僕のドリーム!)

次は駅の南部に広がる豊洲5丁目に向かってみた。すると大きな笑みを浮かべている男性が眼に入った。あれは!?


これが僕が見た豊洲5丁目だ!
新庄だ! スターだ!!

ゆりかもめ、建設中。

スターの看板が見下ろす5丁目と2丁目の間には工事中のゆりかもめ線があった。ちなみに現在(2006年2月現在)、新橋を起点にしたゆりかもめは有明までの区間がオープンしている。そして3月(来月だ)には豊洲まで伸びるというわけだ。

ゆりかもめ豊洲駅は営業前だったが、もう駅の大部分が完成していた。こういった写真は残しておくと20年後ぐらいにすごい貴重になっているかもしれません。20年後もこのサイトがあればの話しですが。


ゆりかもめ 豊洲駅
大部分完成していますが、まだ通路の整備がまだのようです。20年後、自分の子どもがこの写真を見たら「これが豊洲駅?」と驚くかもしれない。

豊洲は建設中。

今までは手持ちの地図を参考に歩いてきましたが、街の地図を発見しました! 見てみると……


右も左も建設中。
見えるものすべて建設中。
名前のない建物でも建設中。
少子化の時代に小学校まで建設するようだ。

ちなみに新庄のスターコート豊洲のショールームも5丁目。関係ないのにのぞいてきて資料だけいただいて帰ってきました。ありがとうございます。

 

最後は豊洲4丁目(あるいは僕のドリーム!)

最後は比較的古い街並みの4丁目をまわってみよう!!


これが僕が見た4丁目だ!
古くから市街化された街。

どうやらこの地区は一昔前に開発されたらしく生活感のある普通の街並みだった。でも、豊洲の中にあっては、逆にまわりが新しい街だらけなので目立つ。
でも、さすが豊洲。普通の街だけど、普通の街で終わらない。なぜなら……


このセブンイレブンに秘密が。

見たところ何の変哲もないセブンイレブンである。しかし、このセブンイレブンがすごい。
なんと、ここはセブンイレブンの1号店。いまやどこにでもあるコンビニの最王手セブンイレブンは、この街から大きくなったわけです。そう考えるとこのコンビニひとつもドリームがありますね。
豊洲すげー。(新庄っぽい口調で)

何年後かにこの記事が貴重な資料に変わるかもね。

と言うわけで開発が進む豊洲よりお送りしました。今回撮った写真は何十年後かきっと在りし日の豊洲ということで振り返られるのだろう。今からその日が来るのが楽しみです。

豊洲全体の印象としては、家族連れと子どもが多かった気がする。
子どもの目から見た豊洲自慢は
・でかいホームセンターがある。
・スタバがある。(本文未登場)
・24時間空いてるスーパー、イオンがある。(本文未登場)
・新庄がCMやってる。
・セブンイレブン1号店がある。

ぐらいだろうか。どの自慢にしても些細なもので、なんだか性格のいい子どもに育ちそうな環境である。

いい街だよ、豊洲。僕のドリームは豊洲にちゃんとありました。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.