デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ1066
 
我が家の調味料対決
調味料たちの熱い戦いが始まる

ふと気付いたら、
台所に調味料がいっぱいあった。

それらを眺めているうちにふと、
どれが一番強いか戦わせてみたくなった。

T・斎藤

対決方法
対戦相手を睨む「ラー油」たち
受けて立つ「七味」たち

ルール

各調味料の動き方を、下記に表す。
子供達に大人気のムシキングに習い、必殺技や弱点なども盛り込んでみた。



ラー油
前関係の3方向にのみ、幾つでも進むことができる。
ラー油の後戻りできない雰囲気を表現。


タバスコ
斜め前と左右に幾つでも進める。前には1マスのみ。これまた後戻りできない系。


一味唐がらし
真っ直ぐにのみ幾つでも進むことができる。

必殺技:ダブルムーブ (2回連続で動ける。)
弱点:カレーパウダー、ブラックペッパー。(弱点のコマは取れない)


七味唐がらし
後ろ以外の7方向に自在に進むことができる。

弱点:一味唐がらし。(弱点のコマは取れない)

 


ブラックペッパー
全方向に1マスだけ進むことができる。

キング役:これを取られるとゲームは負けになる。


カレーパウダー
全方向に1マスだけ進むことができる。

キング役:これを取られるとゲームは負けになる。


ターメリック

カレーの主要構成要素。別名うこん。


クミン

ターメリックと並ぶカレーの主要構成要素。
●はチェスのナイトの動き。


コリアンダー

肉をうまくする。カレーにも入れる。
●はチェスのナイトの動き。


バジル

臭みを消す。


シナモン

ケーキ、肉などに使う。
●はチェスのナイトの動き。


サフラン
斜め方向と左右に好きなだけ動ける。
よくわからないので優雅っぽい動きにしてみた。

弱点:ラー油、タバスコ。(弱点のコマは取れない)


ナツメッグ

これまたよくわからんので適当に作ってみた。


オレガノ
あまり複雑になり過ぎるとワケわからなくなるので、このへんで手を抜こう。上下左右に好きなだけ動かせる。
チェスのルーク、または将棋の飛車と同じ動き。
俺がの。


ローズマリー
上下左右に好きなだけ動かせる。
チェスのルーク、または将棋の飛車と同じ動き。
「ローズマリーの赤ちゃん」という映画は恐かった。


鹿の角シルバー
全方向に1マス進める。
必殺技:爆発(全方向に好きなだけ進める。同時に自分も自滅する。1回のみ使用可)

ちなみにコレ、調味料じゃない。栄養ドリンク。
大きさ的に丁度いいので急遽登板。


ポーン
チェスのポーン。ゲームバランスを取るため導入。
前に1マスだけ進むのが基本だが、一番最初の一歩目だけは2マス進むことができる。また斜め前に相手のコマがあったら取ってそっちに進むことができる。逆に、自分の正面に相手のコマがある時は前に進めない。


まずはルールを予習
予想外に知的な雰囲気


いざ、対戦

眠っていたかみさんを起して対戦。
まずはプリントアウトした各コマの動き方の表を読んで勉強してもらう。

1) ジャンケンで勝った方から順番に、好きな調味料を一つずつ選んで取っていく。この時の気分はジーコ監督。ドリームチームを作ろう。

2) 次に、選んだ調味料を好きな位置に配置する。好きな位置と言っても、全部一列目に並べ、2列目にはポーンを並べる。このあたりはチェスと一緒。

3) さきほどのジャンケンで負けた方が先手。順番にコマをひとつずつ動かしていき、キングを取ったら勝ち。各コマの動きが複雑なので一覧表は欠かせない。表とチェス盤を交互に見比べながらゲームを進める。

寝起きのかみさんはしばし熟考モードに入る。何を考えてるかわからない動物のようだった。ゲームは私が勝って、最終的に勝ち残った調味料は以下の5つだった。


WINNER

鹿の角シルバーは調味料じゃないしな…。
七味とラー油は強かった。

ほぼ無表情にコマを動かしていたかみさんは、ゲームが終了すると同時にまた布団へと戻っていった。
布団の中のかみさんに、ダメもとで感想を求めてみたところ、意外にも
面白かった。
と言っていた。

チェスをよく知らないかみさんは
チェスって面白そうだね。
と言っていた。


各国のかっこいいチェス
長崎居留地チェスクラブの牛嶋さん


余談

今回のために調味料のサイズに合ったチェス盤を求め街を探して歩いたのだが、私の住んでいる長崎では、なかなかいいのが見つからなかった。

さんざん探して、最後に辿り着いたのが、
「長崎居留地チェスクラブ」
という、チェスの愛好家達が集うサークルだった。電話して聞いてみると、販売もしているというので早速行ってみることに。

牛嶋さんという知的で温和な、いかにもチェスとか強そうな方が対応してくださった。調味料を戦わせるためのチェス盤を探している、という私のややこしい説明に対し、
なるほど、調味料ですか。ワイングラスでチェスをするかたもいらっしゃいますしね。
と、 意外なほどすんなり理解して頂けた。
チェス界の懐の深さを垣間見た。

これほしい。
カジュアルな雰囲気の店内
テーブルの上にさりげなくチェスセット
由緒ある長崎の古い洋館

長崎居留地チェスクラブは、長崎の古い洋館を利用した「地球館」という喫茶ハウスの中で行われている。ここはいろんな国の外国人が、日替わりで自国の料理を振舞うというちょっと異色のレストラン。テーブルの上にさりげなく置かれたチェスセットが妙にかっこよかった。

長崎居留地チェスクラブ  (東山手「地球館」内)
長崎県長崎市東山手町6-25
095-822-7966
ホームページ

調味料対決は、各コマの動きを覚えるのがけっこう大変だったので、むしろ普通のチェスに2つ3つ調味料を混ぜて使うくらいがちょうどいいかもしれない。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.