デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ1113
 
ベトナムの歩道を邪魔するもの

(text by ライスマウンテン

 歩道というのは多分世界の国どこにでもあるものだと思う。ベトナムの歩道はすごい。お行儀よく歩道を歩こうとしても、様々な障害物が道を阻み、妥協して車道で歩いてしまう。悪い子になりたくないのに車道を歩かざるを得ない、その恐るべき障害物とは!?


バイクが道を塞ぐ。実は道の右端には、ベトナム独特の椅子と机ひとつの喫茶店ならぬ喫茶屋台があり、これがまた障害物となり微妙に道を塞いでいる。

 


ベトナムといえばバイク。駅前の違法駐輪で困っている役所の方々がこれをみたら、ベトナム人と仲間意識を持つかも、と期待してみた。

 


バイクが駐輪していても辛うじて歩道が歩けるが、しかし目の前には女性が道に椅子を置いて座っているため「行き止まり」となる。

 


歩道を歩くことは絶望的に無理。どうやって歩道を歩けというのか。僕らが教わった道徳はなんだったのか。

 


井戸端会議ならぬ道端会議が行われている。やっぱり譲ってくれない。

 


屋台営業中。机、椅子が無造作に散らばっている。ああ、アジア。

 


これも屋台営業中。歩道を歩くのは不可能ではないが難しい。

 


こいつぁ、無理だ。

 


難易度は低いが、ミニスカート着用では厳しい。

 


商店は歩道を倉庫代わりにしているところもあり、歩道を歩くことはここでも厳しい。

 


歩道に鏡が。なんとこれ、露天床屋。一通り仕事道具は揃っております。雨天休業也。

いかがだっただろうか?ベトナムはバイク大国。車道はバイクの洪水で、車道というよりは「バイク道」。藤子不二雄は「まんが道」。関係なくてゴメンナサイ。
  ベトナムの街中はそんな環境なので、歩道は歩行者というよりは生活者にとっての安全で落ち着ける場所になっている。だからベトナムでは歩道で屋台を出したり、食事したり、道端会議ができたり、髪を切ったりできる。ベトナムの歩道には生活が詰まっているのだ。ビバ!歩道!!

ベトナムらしい(?)歩道のふさぎかた

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.