デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集 12月のテーマ:夜

12月のテーマ:夜
プラネタリウムめぐり



181の座席が階段状に設置されている

新井さんはニフティのプラネタリウム会議室、初代シスオペです

上映の途中でクイズが出される。3択で席から答えられるようになっているので居眠り厳禁。

月の満ち欠けなど天文に関する展示もある。

葛飾区郷土と天文の博物館

天文の専門家が生の解説をつけてくれる。5名いる解説員のうちの1人、新井さん曰く
「お客さんの年代に応じて説明口調や内容を変えます。子供たちが多かったら冗談を交えて楽しく。カップルだったらロマンチックに」
上映時間は1時間で、上映後に質問があれば解説員さんが答えてくれる。

新井さんの生解説1:南東の空、オリオン座
新井さんの生解説2:何故、星に色の違いがあるのか?

新井さんは何も原稿を見ないで、スラスラと星空の解説を始めてくれた。さすがです。

このプラネタリウムには豊富な番組ラインナップが用意されている。年4回、季節によってテーマを変える「一般番組」。解説員がその日の星空と毎月のテーマや天文・宇宙の最新情報を分かりやすく解説する「今夜の星空と天文ニュース」。満点の星空のもと、美しい音楽と天文の話題で楽しめる「ミュージックプラネット」。子供向けプログラムの「キッズアワー」。小中学校の授業の一環として投映される「学習番組/幼児番組」など。興味のある方はホームページでチェックしてみて下さい。

データ
葛飾区郷土と天文の博物館
東京都葛飾区白鳥3-25-1
電話:03-3838-1101
料金:大人300円/小中学生100円/幼児50円
>>ホームページ

イベントガイド
「プラネタリウム・ハープコンサート」
胎教にいいというハープの生演奏を満天の星空の下で。

2002年12月20日(金)
昼の部「胎響ハープ・ファンタジー」15時〜16時30分
 対象:一般の方、妊娠中の方およびその家族
夜の部「クリスマス・ハープ・ファンタジー」19時〜20時30分
対象:一般の方

演奏:小倉知香子
料金:1000円

 



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.