デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
地ビールを飲みつくす
地ビールを注ぐ

ジャパン・ビア・フェスティバル2003というイベントが恵比寿で開催された。日本各地の地ビールを中心におよそ80種類のビールが試飲出来るという。なるべく多くの地ビールを味わって、ビールの奥深さを体感したい。
めざせ80種類!という事で、フェスティバルの模様をどうぞ!!

(text by 住正徳


このコップで試飲していく

ずらっと並ぶ地ビール

見るからに濃厚な地ビール50ml

うーん、濃いですね

ジャパン・ビア・フェスティバル2003

恵比寿ガーデンプレイス内、ガーデンホール3階で「ジャパンビアフェスティバル2003」は開催されていた。
3,600円の入場料で、約80種類の地ビールを何杯でも試飲出来る事になっている。1杯50mlずつの試飲だが、全種類を網羅しようと思えば80杯(計4000ml)は飲まなくてはいけない。1人で4リットルも飲むのは不可能なので、助っ人としてデイリーポータルから2名:林さん(ウェブマスター、月曜日担当)、大塚さん(水曜日担当)、そして萌え萌え業務用ツアーにもご参加いただいた高瀬さん(自炊サイト「原因と結果」主宰)に登場願った。
1人20杯(1,000ml)ずつ飲めば一通り制覇出来る計算だが、それでも1人1リットル。大丈夫だろうか?


まずは入り口でプラスチック製の透明なコップを手渡される。このコップを持ってブースを巡り50mlずつビールを注いでもらう。

住:「なんだか、健康診断のあれみたいですね」
林:「透明で良かったですよ。紙コップだったら……」

ちなみに先着1000名以内だったらガラス製の特製グラスで試飲出来るが、僕たちは先着1000名に入れなかった。

透明コップを手に混雑する会場に入って行く。
会場には50近くのブースが出ており、人気の高いビールには行列が出来ている。

住:「とりあえず端からせめて行きますか?」
林:「そうしましょう」

まず1杯目、僕は「群馬/オゼノユキドケ」。説明用のチラシがオゼノユキドケの「あいうえお」作文になっている。

オ: オゼノユキドケ ブラウンバイツェンは
ゼ: ぜん国特約店にて発売中
ノ: のみごたえのある無ろ過タイプのにごり地ビール
ユ: ゆっくりとご賞味下さいませ
キ: きょうは沢山の地ビールがありますが
ド: どんな種類のビールがお好みでしたか?
ケ: けっこう酔っぱらっちゃったでしょ

「キ」あたりからイベント全体の話になっているが、無ろ過タイプのにごり地ビールという事は分かった。
一気に飲んでみる。
咽ごしにパンチがあり、普段飲み慣れたビールより味の主張が強い。

あっ、コシヒカリラガー!
林さんが新潟/コシヒカリラガーに反応した。

住:「どうですか?お米の味します?」
林:「いや、お米の味はしませんが、濃厚な感じです」

地ビールはそれぞれに個性が強い。
これからそんな濃厚なものを1リットルも試飲しなくてはならない。

本当に大丈夫か?僕たち。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.