デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
タマゴ大追跡

僕はタマゴが大好きだ。茹でても、焼いても、炒めても、もちろん生でも。1日何個 食べても飽きない。そんなに好きなタマゴなのに、どこの誰がどうやって生産してい るのか全く知らない。それってタマゴに失礼じゃないか?
という訳でタマゴが出来てから店頭に並ぶまで、を追跡します。

(text by 住正徳


六本木のFoodexpress

タマゴいろいろ

■六本木で見つけたタマゴは埼玉で作られていた

まずは六本木のスーパー「Foodexpress」に向かった。夜通し賑やかな外苑東通り沿いにあるこのスーパーは24時間営業。繁華街にポッカリ浮かぶエアポケットの様な空間だ。

午後7時。
スーパーの中はそれほど混雑しておらず、外国人の姿が目立つ。

生鮮食品売り場には何種類かのタマゴが陳列されていて、それぞれ手に取り生産元を確かめる。
その中で一番気にかかった商品が

「生後450日までの元気な若鶏のたまご」

生産農場は(株)愛鶏園とあり、住所を見ると埼玉県大里郡岡部町となっている。
埼玉県ならそれほど遠くない。

そうだ、埼玉、行こう。





岡部駅前



上野からJR高崎線に乗り1時間30分。
岡部駅に降り立った。

事前に連絡を取っていた愛鶏園の斉藤さんに駅から連絡を入れる。

「タクシーで20分くらいで着きますから」

駅前には黒塗りのタクシーが何台も客待ちをしていて、運転手さんが外でタバコをふかしながら談笑している。

「あの、愛鶏園って分りますか?」
「ああ、あのニワトリ屋さんね」

タクシーは一路愛鶏園に向かう。
これから行く所で六本木で手にとったタマゴが作られている。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.