デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


フェティッシュの月曜日
潜入・キンボール体験講習会
1.jpg (11380 バイト)

キンボールというスポーツをご存知だろうか。

「おいおい、それはスポーツじゃないだろう」とおっしゃる方も多いと思う。実際、私も周囲の人たちに「今度キンボール行くんだ」と話をしても終始にやにやされるばかりだった。そうじゃない、違うんだ。

このままではいけない。誤解を解かなければ。

聞くところによると、キンボールはカナダ生まれの幅広い年齢の人たちが一緒に楽しめるスポーツ。今回はその体験講習会をレポートしてみた。

(text by 法師丸


3.jpg (16405 バイト)
キンボールに集う人たち


2.jpg (12472 バイト)
でかい、そして丸い

集えキンボール仲間

会場は築地にある体育館。すでにたくさんの人たちが集まっていた。BGMとしてラジカセから流れていた曲はSMAPの『世界に一つだけの花』。なるほど、「世界に一つだけの玉」とかけているのか。

いや、そんなことはない。キン・ボール。言葉の後半だけ訳すと妙なことになりはしないか。

…まだキンボールと名前から吹っ切れることができず、ひとりこんなことばかり考えている自分がいる。今日のキンボールはあくまでスポーツなんだ。

実際、競技に使うキンボールは1つではなくて、割とカジュアルに転がっていた。

それにしてもおかしい。こんな大きくて丸っこい玉が、ごろごろと転がっている。普通ではあり得ない光景。絶対どうかしてる。

夢かうつつか見まがうような土曜日の朝。

クラシックな黒とビビッドなショッキングピンクのカラーリングも輪をかける。


4.jpg (15098 バイト)
みんなはやくキンボールにさわりたくて仕方ない


5.jpg (15691 バイト)
この頃になるとBGMはサザンの『白い恋人たち』

キンボールに向きあう心構えと準備

思わずキンボールに駆け寄りそうになったところに「それでは、集まってくださーい」という集合の合図がかかった。まずは簡単なガイダンスがあるのだ。

「今日はみなさんでキンボールを楽しみましょう!」

担当の方の説明はとてもフレンドリー。ルールもよくわからないまま、キンボールという名前だけにひかれてやってきた私もこれでほっとした。

キンボールを楽しみましょう。キンボールを知らない人にそのフレーズだけを切り取って聞かせたら誤解を受けかねないが、もう私は間違ったりしない。

ガイダンスが終わったら近くの人とペアになって準備運動。キンボール体操といったものもあるかと構えていたのだが、あくまで普通のストレッチ系の準備体操だ。

ここまで読んでいただいて、一体キンボールという競技がどんなものなのかさっぱりわからないと感じた方もいらっしゃるだろうが、私自身もこの時点ではわかっていなかったので、その全貌についてはしばしお待ちいただきたい。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.