デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
オンリー・ワン焼酎、一夜漬け
唐辛子、ワサビ、珈琲豆、栗、それぞれを焼酎に漬け込み色々な味の焼酎を作る。ラベルも自作し、味も見た目もオリジナル。うまく出来たらその焼酎を実際に青山の和食処のメニューに加えてもらう。
デイリーポータルZ特製焼酎の味はいかに?
青山のお店にその焼酎は並ぶのか?
 
(text by 住 正徳

写真
米焼酎「しろ」。1本(720ml)1090円
 
写真
オリジナル焼酎の素。わさび、唐辛子、珈琲豆、備長炭、栗
 
写真
カメとカボチャ(ハロウィン用)
 
写真
南青山「京菜」

オンリー・ワン焼酎に漬けるもの

オンリー・ワン焼酎の作り方は梅酒などの果実酒とほぼ同じ。ベースとなる焼酎に色々な食材を入れて一晩寝かし、その味が染み出るのを待つ。
 
ベースとなる焼酎にはあまり癖のない種類を使うのが無難。僕が選んだのは米焼酎の「しろ」。720mlビンを6本用意した。「しろ」はそのまま飲んでも充分おいしい焼酎だが、更に工夫を加えオンリー・ワン焼酎に仕立てていく。
 
焼酎に漬け込む食材は下記の通り。
 
唐辛子
ワサビ
備長炭と珈琲豆
  
味と香りがはっきりしていて、刺激の強いものをセレクトした。
 
また、焼酎を寝かす容器としてカメとカボチャを用意した。
カメはちょうど一升入るものを陶器屋で発見、2カメ購入した。購入後、良く見るとお酒を入れるカメっぽくない。焼き鳥屋さんでタレが入ってるカメだ。
カボチャはハロウィン用の「スプートニク・パンプキン」を2つ。中をくり抜いて、熟成用の容器として使用する。
 
その他に必要なものは、一升瓶の空き瓶、和紙(オンリー・ワンラベル用)。
 
そして何より、作った焼酎を実際に置いてもらうお店が必要だ。
今年の1月、「社長汁」の際お世話になった南青山の「京菜」に今回もお願いした。

京菜
営業時間:18時〜23時30分
     (ラストオーダー22時30分)
港区南青山2-12-15 南青山2丁目ビル2F
03-3478-6228(保留音はTSUNAMI)
 
 
4種類のオンリー・ワン焼酎作りに協力いただき、更に焼酎が完成した暁にはお店のメニューに加えてもらう。
 
 
果たして、オンリー・ワン焼酎(一夜漬け)作りは成功するのか?
そして、京菜のカウンターにデイリーポータルZ焼酎を並べる事が出来るのか?
 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.