デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
遠距離ボウリング

ボウリングは投げた後のリアクションが面倒ではないか?ガッツポーズとかハイタッチとか、ストライクが出たからってそれ程でもないはずだ。
そういった面倒な事を排除した新しいスタイルのボウリングに挑戦してみた。

(text by 住 正徳


田町と錦糸町、それぞれの場所に分かれてゲームの準備
 
よっしゃー!
 

例えば上の写真。スペアを取った男性がガッツポーズで席に戻り、仲間から祝福を受けている。
「本当はそんなに嬉しくないだろ」

ここ10年程、僕がボウリングをやっていない理由はそこにある。
ボールを投げる度に喜んだり、落ち込んだり。大袈裟なリアクションに疲れてしまうのだ。1人でプレイすれば、リアクションなしで楽しめるのだろうが、そこまでボウリングに対してストイックになれないし、あまりにも孤独だ。

リアクションを取らずに済み、なおかつ孤独を感じない方法は?

仲間同志、それぞれ別の場所でプレイするのはどうだろうか?
メールでやりとりしながら投げれば、プレイを共有している感覚を味わいつつ、過剰なリアクションもいらない。

ウェブマスターの林さんの協力をあおぎ、それぞれに都合のいい立地条件のボウリング場に出向き、遠距離ボウリングを試してみた。
僕は田町の田町ハイレーン、林さんは錦糸町のロッテ会館。


住:田町ハイレーン 林:ロッテ会館

田町ハイレーンに到着し、まず林さんに一報を入れた。

住 >> 林
田町ハイレーンです。
入り口に「お一人様でもお気軽に」、って書いてあって少し安心しました。
 
林 >> 住
ロッテ会館です。毎年、千葉ロッテマリーンズが納会をするというロッテファンにとっては聖地みたいなところです。巨人でいう多摩川グランドとお考えください。


林さんも錦糸町に到着した様子。それぞれに準備を整える。

 

住:メール交換が孤独を軽減 林:受付の人から不審に思われる

林 >> 住
13パウンドのボール選びました。カウンターの前なので三脚とか出したら睨まれました。三脚は機会をみて再度チャレンジします。
 
住 >> 林
あっ!僕も13号です!パネルに僕の名前が出ていて嬉しいです。準備出来たので第1投、行きます。
 
林 >> 住
僕も投げます。投げないで携帯いじってばかりで不審なので……。

しばらく来ないうちに、ボウリング場がハイテク化されていて驚く。
受付時に記入した僕のフルネームが前方のモニターに写し出されている。


自分撮りの体制が整う

林さんは受付に睨まれたので三脚を出せなかった様だが、僕は受付から遠い場所だったので三脚を立てて自分撮りの体制を整えた。
受付には睨まれなかったが、隣りの男性グループが僕の動向を気にしている。

1人でやって来て、三脚を立てて自分撮り。フォームの研究か?
いずれにしても、プロ級な腕前なのだろう。

彼らはきっとそう思ったはずだ。

そんな周囲の注目を他所に、僕と林さんの遠距離ボウリングが始まる。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 
 
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.