デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
一本歯の高下駄で腰痛を治す

そもそも一本歯の高下駄はお祭りなどのイベントごとで使われてきた。ここ数年、古武術の動きをスポーツに取り入れ成功しているアスリートの登場などで、古武術的な動きに注目が集まり始めている。そんな古武術の動きをマスターするツールとして、一本歯の高下駄が再認識されている。体のバランスを良くして、腰痛にも効くらしい。腰痛持ちのライターが早速試してみました。

(text by 住正徳


達人はこうやって履きこなす
まつもと履物店
店内にはあらゆる種類の下駄が並ぶ
これです

一本歯の高下駄を求めて

「古武術で蘇るカラダ」(甲野善紀著・宝島社)という本が面白い。陸上短距離走の末續慎吾選手や巨人軍の桑田投手など、一流アスリートたちが古武術の動きを競技に取り入れ成功しているそうだ。
僕はプロのスポーツ選手ではないので、古武術を取り入れて競技に取組み事はないが、本の中に「自宅で出来る古武術の動き」という章があった。武術的な動きを取り入れた効率のいい階段の上り方、重い荷物の持ち方等が紹介されている。そんな中、特に目を引いたのが一本歯の高下駄だ。
「武術の体捌きを身につける簡単かつすぐれたアイテムのひとつに一本歯の高下駄がある」(本文引用)
何でも一本歯の高下駄で歩くとボディバランスが飛躍的にアップし、腰痛・膝痛が軽減するらしい。

ああ、履きこなしたい!一本歯。
ボディバランスを高めて、持病の腰痛を治したい。

調べると、浅草ひさご通り商店街の「まつもと履物店」に一本歯の高下駄があるという。早速行ってみた。


「ここ1、2年くらい、問合せが多いんですよ」
店主さんが不思議そうに首をかしげる。

「一本歯の高下駄を履くと体のバランスが良くなるらしいですよ」
「ええ。整体師の人とか、結構買っていきますから」
「腰痛も治るとか」
「若い人も結構買っていきますよ。スポーツ関係の」

一本歯の高下駄への期待が高まる。

「履いて歩くの、難しいですかね?」
「最初はちょっと難しいかもしれませんがね、慣れれば大丈夫みたいですよ」

一本歯の高下駄を履いてお店に遊びに来る60才くらいの男性もいるらしい。
「これ履いて電車に乗って来るんですから、凄いですよ」
「電車乗って来るんですか?」
「ええ。でも、最近来なくなっちゃったなあ……」
「えっ?……」
「どうしたんだろう……」
「……」

その人の行方も気になるが、とにかく一本歯の高下駄を購入した。
1足6,000円。これで腰痛が治るんだったら、安い買物だ。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.