デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
未知の道具との遭遇

「しまった、自販機の下にお金が!」

手元を誤り、コーラを買うため自販機に入れようとした100円玉を落っことしてしまった! 100円玉はコロコロ転がって自販機の下へ。手を伸ばそうにも大人の太い腕はスキマに入らない。 コーラ飲みたいのに! どうしよう…。私は藁にもすがる思いで東急ハンズへと走った!

今回は、東急ハンズ渋谷店さまの全面協力を得、上記のような日常の困難を乗り越える(ときに乗り越えない)、見たこともない道具の数々をご紹介します。

果たしてどんな道具との出会いがあったのか? そして、コーラは飲めたのか!?

(text by 古賀 及子



写真1
キャッチ!
助かった…

100円玉をつかむための道具とは

さて、なんとかして100円玉を奪還せんと焦る私への東急ハンズからの回答。それが写真1である。なんだ? と思われるかもしれない。

ピストン型の持ち手の先に、長さ70センチの蛇腹の管がついている。

一見何だか分からないこの道具が、正に今私が必要としている、手が届かない狭い場所などに落ちている物を拾い上げる道具、その名も「ベンリーキャッチ」なのだ。

こちら、整備工具売場で発見した。車の整備で、手の届かないところに落としてしまったバルブなどを拾い上げるためのものらしい。 持ち手部分のノブをノックすると、先端部分から3本の針金の手が出てきて物をがっちり掴む。かなり物理的に痒いところに手が届く道具だ。

早速自販機の下へ潜り込ませた。うねうね管が柔らかく、不器用な私に簡単になつくような道具ではなかったが、なんとかキャッチ! 無事にコーラも飲めた。

この道具、タンスの裏になにか落としたときとか、テレビの裏になにか落としたときとか、本棚の裏になにか落としたときとかのために整備士さんでなくても便利な1本だ。

因みにプロの世界では手を浸けられない危険な液体の中に落ちた物を拾うときにも使われているらしい。


お借りしてきました!
写真2
写真3

もっと道具を!

これまでの私は自販機の下に落とした100円玉も拾えなかった。しかし、ベンリーキャッチを手にしてからというもの、狭い場所に落ちたものを拾うことに関しては完全に無敵だ。

こんな風に、世の中にある全ての道具を味方に付ければ、もう何だってできるんじゃないか?

興奮した私はさらに東急ハンズ渋谷店を巡回、その道具の多さに圧倒された。一見して何に使うのか分かるような一般ユースの道具はむしろ少なく、フロアを埋めるのは説明をいただかないことには何に使ったらいいのか分からないような道具ばかりだ。

全部は無理なので、取り急ぎ各フロアからこれはと思われる道具をお借りしてきた。

写真2は、今のお花見シーズンに必携のアイテムなのだが、何に使うかおわかりだろうか。

否健康器具、否調理器具、否装飾品。そう、これテントやブルーシートを固定するときに打つペグを引き抜く道具なのだ。その名も「ペグ抜取器」。

豪快なまでにストレートなネーミング。そして余りにも ピンポイントな用途道具の醍醐味を感じる

写真3は「こじ開け」。これ、商品名ではなく、れっきとした道具の名前だ。こじ開ける対象は金庫でもドアでもなく、時計の裏ブタである。時計関係のご職業の方には常識的な道具なんだろう。

世の中には関係者以外は知る由もない道具がたくさんあって、仕事で毎日絶対的に必要としている人や、趣味のためには常識的に利用している人がいる。

「世界の車窓から」が車窓を介して世界を眺めるように、道具を介しても、世間の広さを見ていくことができそうだ。

さらにガシガシ道具と触れ合っていきます!


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.