デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


エキサイティング火曜日
 
なぜ人は噴水にコインを投げるのか

幼い頃、買い物の途中でよく連れて行ってもらった「パーラーせと」には噴水があって、そこに無数のコインが沈んでいたのを、なんだか悲しい思いで眺めた記憶がある。

そのように、なんてことない水まわりに硬貨が投げ入れられているのを奇妙に思っていた。「まったく日本人てやつは」と思ったりもするが、よく考えるとその手のもので有名なのは「トレビの泉」である。1枚コインを投げ入れると再びローマにもどってこれるという言い伝えがあるのだ。

それをまねてか、いたるところの水まわりが「トレビ化」しているのではないだろうかと、都内をサンプリングしてみた。

(text by 乙幡啓子



ヨーロピアン!ゴージャス!
「ご縁」だけでなく、各種入っている。
特製コインでの投げ入れイベントはお休み中。近日再開とのことだ。

ヴィーナス・フォート「噴水広場」

まずは、一番それらしいたたずまいの噴水から見てみよう。お台場・ヴィーナスフォートの噴水広場では、このようなヨーロピアンでゴージャスな噴水がお出迎え。

近寄って水面をのぞくと・・・ごっそりある。アルミからニッケルまで、全種類投げ込まれている。しかし、金額を数えるには問題があった。たゆたう水のせいでお金の像もゆれて、目視しづらいのだ。

それでもなんとか数えて見てみたところ、あくまで概算だが、5000円くらいにはなると推測。

施設の方なら何かわかるのではと思い、インフォメーションで聞いてみた。

「あそこの噴水広場ですが、投げ入れられてるコインの総額ってわかりますか?定期的な掃除のときなんかに、計算したりとか・・・」
「いえ、あそこに投げ入れられてるコインは、このような・・・」
と、出してくれたのは、ヴィーナスフォート特製のコイン。

「このコインを投げると願いがかなう、というイベントをやっておりましたので、そういったコインではないかと・・・」

でも、確かに5円玉とか入ってますよ?
「ええ、外国のお客様など、やはり入れられる方が多いですね」とのこと。外国の方も「ゴ縁ガアリマスヨウニ」とばかりに投げ入れるのだろうか。誰もがコインを投げ入れたくなる雰囲気・対象であるという気はするが。

総額:5000円(500円玉に見えたものをヴィーナスフォート特製コインとした場合)

ヴィーナスフォート
http://www.venusfort.co.jp/

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.