デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
130円でどこまで行けるか?

130円分のガソリンを積み、新宿からスタートする


燃料を補給

まずは新宿付近のガソリンスタンドで130円分の燃料を入れる。
その際、まず燃料タンクに入っているガソリンを全部抜いてもらってから、新たに130円分の燃料を補給する事にした。きっちり130円分でなければいけない。

スタンドのお兄さんは「この客は何を言っているんだ?」っていう顔をしていたが、とりあえず言う通りにしてくれて(多分面倒臭かったんだと思う)、きっちり130円分の燃料を確保する事が出来た。


130円分のガソリン 燃料メーターは1/4

ガソリン税と消費税を含め、レギュラーガソリン1.2リットルで130円だった。
給油は一瞬で終わり、燃料メーターは4分の1くらいを指している。普段だったらそろそろスタンドに寄ろう、という心細いガソリンの量だ。

果たしてこの燃料でどこまでいけるのだろうか?


ゼロポイントにて スタート時の距離メーター

甲州街道の新宿4丁目付近、ここを今回の検証のゼロポイントとした。
八王子まで39キロという標識が出ている。八王子までは行こう。特に根拠もなく目標を設定し、イグニッションキーを回してエンジンをかけた。
右手をひねってアクセルをふかすとバイクは一気に加速して甲州街道の流れに乗った。



この時気分は、ボーン・トゥ・ビー・ワイルド。
頭の中であの曲が流れている。

♪ジャージャッジャージャッジャッジャッジャッジャ
♪ジャージャッジャージャッジャッジャッジャッジャ



>アクセルは全開にせず、一定のスピードで……

はっ!そうだった。
ワイルドに燃料を消費している場合ではない。アクセルを戻して時速30キロまで減速する。出来るだけ遠くへ行きたい。その為には燃費効率を考えて走らないといけないし、そもそも原付バイクは時速30キロ以上出してはいけない、と道路交通法で定められているのだ。



新宿を出て20分、環八道路の手前に差し掛かった頃には雨はあがり気分も晴れて、調布辺りで渋滞にはまりそうになるが、巧みなすり抜け術を駆使して何とかしのぎ、府中競馬場を超えたら、もうそこは国立で、日野で多摩川を超えると目標としていた八王子市に入り、まだまだ行ける!そんな気持ちとは裏腹に、このまま長野県あたりまで行ってしまうんじゃないか? という不安も抱えつつ浅川を渡り西八王子へ、高尾山はすぐそこだけど、そろそろ2時間、いい加減お尻が痛いしお腹も空いた、ついでにトイレにも行きたい。

そんな思いが駆け巡った、ガス欠一歩手前までの2時間。その一部始終を次ページで一挙公開。

※走行中の撮影は危険なので、信号待ちの度にシャッターを押しました。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.