デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

岐阜・モーニングセットツアー

よく見るとおにぎりが。手前は赤だし。

岐阜のモーニングセットはすごいらしい。

モーニングセットについて調べるとそんな記述が次々と見つかった。おにぎりとみそ汁がついてくるらしい。ランチも一緒に食べられるようだ。いちにちじゅうモーニングをやっている店があるとの説。

なんだそれは?モーニングなのか?見たことがないモーニングを探して旅に出ます。(text by 林 雄司


岐阜駅構内の喫茶店。モーニングの文字。

お得感があふれている街だ。

7月18日岐阜

BBフェスタというニフティが主催するイベントにデイリーポータルとして出展することになった。名古屋といえばモーニングサービスがすごいらしい。前々日から乗り込んで毎日モーニングを食べ歩こうかと思っていた。

しかし調べてみると名古屋よりも岐阜のほうがすごいらしい。岐阜!岐阜に行きたいとはじめて思った。こんなかたちで岐阜が僕の興味に登場するとは。

名古屋の前に岐阜に一泊してモーニングを食べ歩く計画に変更し、JR岐阜駅を降りた。

駅の構内にある喫茶店にモーニングの看板があった。ヴィドフランスという東京でもみかけるチェーンの店だがモーニングがある。東京であったっけかな?向かいの居酒屋にはほろ酔いセット。ここはセットの町なのか。期待に胸ふくらむ。はやくも機械の体をただでもらえる星についた鉄郎状態だ。

 

「え、これ?」

駅を降りる。

すっかりなごむ

まず目指す喫茶店は芥見(あくたみ)というところにある。名鉄新岐阜から電車で30分。普通の電車だと思ってホームに行ってみると路面電車でびっくりした。30分後、上芥見の駅に着く。

駅から1キロほど山のふもとの道を歩く。道の脇を流れる水がきれいだ。岐阜はおいしい水が採れるのでコーヒーがおいしい、だから喫茶店が多いのだ、と読んだことがある。確かに澄んでいる。水に手を突っ込んでみたかったが、どぶかもしれないのでやめた。

34℃の真夏日。水田の稲穂が美しい。路傍には見たことがない鮮やかな花が咲いている。3時間前まで東京にいたなんて信じられない。

いやいや、僕はモーニングを食べにきたはずだ。喫茶店なんてあるのだろうか。その気配はまったくない。

みずがきれい。しかし…

僕は…

モーニングを……

食べにきたんじゃなかったっけ?

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.