デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


おぎわら遊技場・おまけ
 
出会わない系サイト lonely

今回の「ひとりソーシャルネットワーキングサイト」ともいえるロンリィ。そのコンセプトを荻原さんに聞きました。自分の性格に問題があることを直視せず、友達がいないのをネットのせいにしているふたりの心の狭い対談になってしまいました。

話し手:
荻原 貴明

聞き手:
林 雄司


林:ソーシャルネットワーキングサイト(以下、SNS)が流行ってますね。使ってます?
荻原: はまってますねー。毎日、10回ぐらいアクセスしてます。
林: 僕もそうなんですよ。

林: 今回のは SNS に対するアンチなわけですよね。
荻原: そうですね。SIS です。
林: なんですか SIS って
荻原: ソーシャル アイソレイテッド サイトの略です。かっこよくないですか?
林: かっこいい。ソーシャルとアイソレイテッドがすでに相反してるような気もしますが。
荻原: 矛盾だらけのサイトですから。
林: 自分の日記が自分しか読めないって日記本来の姿ですよね
荻原: そうですね!原点回帰ですね。


荻原さん、開発中。

林: 僕、某 SNS でたくさん人を集めたくて「息してる人、あつまれ!」ってコミュニティを作ってたんです
荻原: どうでした?
林:28人あつまりました。
荻原: 28人……
林: 28人しか息してないのかよ!
荻原: その内容だと、人が1000人集まっても、何も広がらない気がしますが…
林: そうですね…。まあ、つながってるようでみんなひとりなんですよ。
荻原: そうなんですよ。僕の場合もなにも広がってないです。
林: そういうパラドックスを浮き彫りにする SIS ですよね。
荻原: みんな繋がろうとすればするほど、ひとりになっていくんですよ!
林: あ、いまいいこと言った。荻原さん。
荻原: 孤独な人が安心を求める。だから僕は1日10回以上チェックしちゃうんです。


荻原さん、ハイパーオリンピックをプレイ中

林: SNS って友達を作るじゃなくて、なんか自分の狭さを見せつけられますよね
荻原: はい。僕はかなり見せつけられました。それが、SISを作ろうと思ったきっかけです。
林: 2005年はSISがブームになるかもしれんですね。
荻原: でも、どこにも繋がってないから、ブームになっているかどうか誰も分からないんですよね……。
林: そうですね…。「孤独な群衆」だ
荻原: SIS はひねくれた孤独って感じですね。
林: ひねくれた孤独ってもう救いようがないですね
荻原: ほんとですね。それを作ろうとしている僕たちって、なんなんでしょうね。
林: ええ、ほんとに………。
荻原:………。
林: まあ、
ネットの孤独性を浮き彫りにする企画ですね。ポジティブに孤独。
荻原: アグレッシブに孤独
林: 友達いなさそうだ
荻原: がんばって、友達増やします。
林: そうしますわ。

こんなことでできた「出会わない系サイト ロンリィ」です。コンセプトが冗談だったわりには完成度の高い作品になってます。ぜひ皆さんも参加して、自分を見つめ直してください。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.