デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


チャレンジの日曜日
 
あのCMのあの場所に行く
ジャパネットたかたのCMで、「電子手帳買いなさい」と母に言われる少年がいた場所。

僕はミーハーだ。
こんな僕でもライター稼業の端くれとして行動していると、偉い人に「君が影響を受けた作家は誰なの?」などとよく聞かれるのですが、作家の名前は数えるほどしか出てきません。はっきりいって、作家さんよりもテレビの中のタレントのほうがよっぽど影響を受けている。
そう、僕は単なるミーハーなのだ。

そして、ミーハーな僕はCMの撮影現場にいきたいんです。

ミーハーな僕は、アコムのCMの撮影現場に行けば、アコムのお姉さんがティッシュを配っているんじゃないか、と疑ってしまいます。
ミーハーな僕は、キムタクのCMをみるたびに、ああ、少しでもキムタクに近づきたい、と思ってしまいます。
今日はそんなミーハー魂全開でお届けします。あのCMの撮影現場はここだ!

そして最後のジャパネットのCMのロケ地では、小さな感動が生まれました。

(text by 梅田カズヒコ



アコム編

イラスト:ヨシダプロ

「はじめてのアコム」でおなじみ。消費者金融系のCMはどれも面白いんですが、犬推しのアイフル、独特の世界観の武富士と比べ王道を進んでいる感のあるアコム。なかでも小野真弓さん扮するアコムレディが店頭でティッシュ配りするあのCM、目に焼きついて離れません。
あのティッシュ配りの場所へ行きたい!

参考リンク
http://www.acom.co.jp/cmgallery/?p1=tpct511
アコムCMギャラリー。今回は『店頭笑顔の挨拶編』の舞台へ向かいます。


銀座線日本橋駅。高島屋方面の出口を抜ける。
いきなり美容室のチラシを手渡された。このあたりの街は『配り文化』があるのだ。間違いない!
アコム発見!

アコムレディに会いたい!

アコムレディがティッシュ配りをしているCMの舞台は、日本橋のアコム東京支社前ではないか、という情報を入手。どうやらCMにチラッと日本橋の高島屋が写っていたらしい。

CMに映っている小野真弓ほどの美人はいないかもしれないが、絶対素敵なお姉さんがティッシュ配りをしてくれているはずだ。と自分勝手極まりない妄想を抱いて地下鉄を降ります。

地下鉄の出口のところでいきなり男性に美容室のチラシを配られました。金融系ではなかったものの、ここで早くも日本橋駅にはティッシュ配り、チラシ配りの文化が根付いているのでは、という仮設が浮かび上がってくる。と、いうことはやはりアコムのお姉さんがティッシュ配りをしている可能性は高い。

CMの現場にいってアコムのお姉さんがティッシュ配りをしていたところで僕に何のプラスになるのかがわからないんですが、男性とは時に思いもよらないシチュエーションで興奮したりする生き物なんです。すみません。

高島屋の赤い旗がCMにチラッと写っているんですが、その位置関係を元に歩いていくと、どうやらこのあたりではないか、と思える場所にたどり着きました。

と、その時、アコムの赤い看板を発見。ロケ当日はあいにくの曇り空だったので、CMの雰囲気を出すのは難しいですが、なんとなくそれっぽい雰囲気が出てきました。カメラのアングルをあわせて、よいしょよいしょと。

現場に来て思ったんですが、CMってかなり腕利きのスタッフが、見慣れた町をさわやかなイメージに写るようにしてるんだな、と思いました。まさかこんな近場で撮影してるとは、思いもよりませんでした。


CMの撮影現場はここだ!

CMとは似ても似つかない雰囲気ですが、でもお暇な方はアコムのホームページで流れているCMと見比べてください。どうです?



アコムレディなんて、いないじゃないか。
昼食にいったアコムのお姉さんを待つ僕。
そうそう、この人に会いたい。
意を決してアコムの店内へ

現場には無事着いたが、アコムレディはいなかった。

日本橋といえばオフィス街。道行く人は脂ののりきった普通のおじさんの姿が目立つ。女性はちらほら見かけるが、誰もかれも仕事に疲れた雰囲気で、さわやかなアコムレディなんてどこにもいなかった。

ああ、テレビなんて嘘っぱちだ。大人の世界はみんなうそさ。とどこにも向かいようのない無益な怒りがこみ上げてきました。

ひょっとするとアコムのお姉さんは休憩中なのでは。時計を眺めるとお昼時だった。そうだ、アコムのお姉さんはお昼休み中なんだ!

往生際の悪い僕はしばらく待っていたんですが、それでもアコムのお姉さんどころか、女性の姿がほとんど見かけない。どうなってしまったんだ?アコムのお姉さんの身になにかあったのだろうか? ひょっとして……。

アコムのお姉さんの安否を気遣うが一向に見つからない。そこで、意を決してアコムの店内に入ることにした。正直なところ、僕は消費者金融の会社の中に入るのは生まれてはじめてだ。

アコムの店員さんが近づいてくる。間違いない、アコムレディだ。

アコムレディ「こんにちは、アコムへようこそ」
梅田「あの、ちょっとお伺いしてよろしいですか?」
アコム「はい」
梅田「しょうもない質問なんですが、ここはアコムのCMに使われたとうわさを聞いたんですが、本当ですか?」
アコム「ええ、ここですよ。前のCMですね」
梅田「ティッシュ配りのやつですよね」
アコム「ええ、そうです」
梅田「すいません、それだけお伺いしたかったんですよ」
アコム「ああ、なるほど。ご用件はほかにもございますか?」
梅田「いえ、それだけです」
アコム「なんでもお気軽にお問い合わせください」

すごく丁寧な対応だった。CMの中の女性ほどの美人なかたではなかったが、アコムのCMの場所には、確かに素敵なアコムレディが実在しました!


アコムのCMの撮影場所

東京都中央区日本橋3−3 アコム東京支社前

アコムの店員さんが言っていたので間違いありません。ただし、ここにいっても特に何もありません。行くときは、何もないと覚悟して行きましょう。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.