デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
本物と代用品の食べ比べ11番勝負

残念ながら、私は味オンチのようなのだ。どうも何を食べても「美味しい」と言いがちなフシがある。

ビールを飲んで「やっぱり発泡酒とは違うよねー」なんて口では言ってみるが、飲み比べをして本当に味の違いが分かるかどうか。……実はあんまり自信がない。

今回は代用品がある食べ物や飲み物を探し集めて全11品。おそるおそる味比べをしてみることにしました。

一人では心細いので私と同じレベルの味覚を持つと思われる中2の弟を勧誘。2人で味覚の限界にチャレンジします!

(text by 古賀 及子



今回のチャレンジ品は

まずは高級食材の代用品などをはじめ、色々な「食べ間違えそうな食材」集める。取りそろえるべく決定したメニューはこちら。

いわゆる代用品
・蟹 カニかま
・キャビア ランプフィッシュの卵、とんぶり
・松茸 椎茸に松茸エッセンスをかけたもの


ハナマサでキャビアのフェイク、ランプフィッシュの卵ゲット ハンズでは松茸エッセンスゲット

なんちゃって料理系
・豚ロース 油揚げ(両方焼き肉のたれで焼く)
・中トロ 赤身をマヨネーズにつけ込んだもの
・トンカツ 肉類不使用カツ


中野ブロードウェイの精進料理の店で肉類不使用のカツゲット

なんか、似てるもの
・バター マーガリン
・キャラメルコーン スーパーのプライベートブランド品(キャラメルスナック)

カロリーセーブ系
・マヨネーズ カロリー70%カットマヨネーズ
・ペプシツイスト ダイエットペプシツイスト
・あんこ 砂糖不使用あんこ


砂糖不使用あんこはデパ地下の健康食品売り場で発見 スーパーでももろもろ買い込んだ!

その他
・ビール 発泡酒 低アルコール飲料

以上。一見、楽勝な気もするが、実際口にしてみるまでは何とも言えない。もろもろの材料をかかえ、一路食べ比べ会場へ急いだ。

 

食べくらべ、開始

会場は埼玉の拙宅。テストにのぞむのははわたくし古賀とその弟12歳。弟には、野球部の練習帰りのところ、説明も草々に半ば勢い任せで強引にメンバーに加わってもらった。今日はよろしくお願いします。


今回のチャレンジャー2名。
Tシャツの首が伸びすぎの方が弟の孝之(たかし)です。

なお、テストの仕切と解説を母に依頼。母には、食べ比べる2品を1番と2番に分けて出してもらい、私と弟は試食後に本物だと思う方の番号のプレートを上げる。



目で見てニセモノと本物が分かってしまう物に関しては、目隠しをして食べることとした。

では、チャレンジ開始です。


弟はプレステをセーブして食べ比べに挑む


第1ラウンド
蟹とカニかま

まず最初はお馴染みカニかま。もはや蟹の代用品というよりも「カニかま」という食べ物として定着しているようにも思う。が、さすがに蟹と一緒に食べることはないだけに、まさか間違えちゃったりするかもしれない。予断は許されない。

しかも今回のカニかまは、よく見るさけるチーズのような形状のものではなく、より蟹を意識したリアルで豪華な仕様のもの。

より味を分からなくするため、どちらも出汁で少し煮て、繊維を細かく裂いて準備した。


こんな立派な蟹食べたことない、といった形状のカニかま「モーニング」という商品 それでも見た目はハッキリ分かる。目隠しをして食べ比べ

なにしろ首部分がダルダルの弟

さあ、どっちが本物の蟹でしょうか!?


2番は完全に蒲鉾の味だった、というか、「カニかま」の味だった。カニかまとしてはとても美味しかったと思う。
1番は蟹のおかげで汁がすごく美味しかった。いい出汁が出た。
1番の方、殻が入ってたよ。

正解は「1」。両者正解です。
母「これは明らかに違うわね、食感も味も」
私「すごい、もろに蒲鉾の味したよ」
母「カニかまの“かま”は“かまぼこ”の“かま”だからねえ」
弟「つうか、殻が入っててガリってしたんだけど」
母「あー、ごめんごめん」
カニかまのアイデンティティをしみじみと感じつつ、第2ラウンドへ。次は松茸に挑戦です。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.