デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
本物と代用品の食べ比べ11番勝負


第2ラウンド
松茸と
椎茸に松茸エッセンスをふりかけた物

振りかけると何でも松茸の味になるという松茸エッセンスは、松茸そのものは入っておらず、合成物質のみで松茸の味を再現したというすごいもの。ハンズの、意外にも土鍋のコーナーに並べてあった。

また、季節と予算から、松茸そのものをゲットできるか心配だったが、デパチカでカナダ産の異様に傘の部分が大きい松茸が500円で売られていたのでそれを用意。


土鍋コーナーにて発見 ホイル焼きにして、カボスを絞ってお召し上がり下さい

外見で分からないように、白い部分を四角く切って準備。椎茸には1滴づつ松茸エッセンスをたらす。辺りに充満する松茸の香り。

私「おおー、松茸の匂いするねえ」
弟「松茸ご飯の匂いだ」

さあ、どっちが本物の松茸でしょうか!?


食べた後1番は松茸の香りの後から、すごい勢いで椎茸の香りが鼻にぬけた
よく見たら1番は椎茸の傘みたいな黒い部分があったから

正解は「2」。両者正解です。
母「このエッセンスってやっぱりどっか科学の匂いがするわよ。なんていうの、売ってる麺つゆと、自分でちゃんと作った麺つゆって違うじゃない。これは売ってる麺つゆの感じなのよ」
弟「つうか、黒い部分が残ってたんだけど」
母「あー、ごめんごめん、でもこの松茸500円なら安いわあ。もっと買ってきてよ」

なお、椎茸もよいものは松茸なみにいい香りがしう美味しいそう。いや、普通の椎茸も十分大好きです。


振りかけると海老の味になったり、帆立の味になったりするエキスもハナマサに売ってました


第3ラウンド
豚ロースと油揚げ
焼き肉のタレとともに

ここからは一気に節約料理の世界へ踏み込んでいく。まずは当サイトウェブマスター林さんが「週プレ(週刊プレイボーイ)に載ってましたよ!」と教えてくれた、なんちゃってレシピ。油揚げを焼き肉のタレで焼くと焼き肉になるというものだ。

油揚げは油ぬきをせずにトースターで4分ほど焼いて、それから焼き肉のタレにしっかりつけ込むと良いという。情報では豚ロースにかなり近い食感だということなので、豚ロースと食べ比べる。


手前が油揚げ。油揚げの方が美味しそうに見えます

弟「(もぐもぐ)んん?(サクっ)あ!」
私「あ、今サクってしたね、サクって!」

さあ、どっちが本当の豚肉でしょうか?


やっぱり違う。2番は焼き肉味の駄菓子に近い。「焼き肉」って言わなくても別の食べ物としてかなり美味しい
肉はサクっとはしないと思うから、1番。でも2番もおいしい

正解は「1」。両者正解です。
私「油揚げと肉、どっちが好き?」
弟「…どっちでもいい…………やっぱ肉」
母「(油揚げの方を食べてみて)ああ、こっちも美味しいわね。焼き肉のタレっておいしのよねえ」



第4ラウンド
中トロと
赤身のマヨネーズ漬け

続いても節約レシピから。赤身をマヨネーズまみれにしてラップで密封して冷蔵庫で2時間以上置くとトロのようになるというワザ。

「伊東家の食卓」など、テレビでもさんざん取り上げられている、科学的にも証明された「トロの作り方」だという。なんでも、マヨネーズに入っている酢や卵が赤身に脂質をとじこめるんだそうだ。


これでもかとマヨネーズを絞る そして2時間。おお、見た目もトロのよう


形から判断ができないように、どちらも繊維にあわせて角切りにし、ワサビ醤油をたらした。


これは難しそうですよ

さあ、どっちが本当のトロでしょうか?


…いや、これは難しい。でも2番の方は食べ終わってからしばらくするとマヨネーズの残り匂があった気がする。
2番の方が生っぽかった

はじめて意見がわかれた、さて結果は

正解は「1」。弟に初めての黒星。
母「この方法、結構すごいわね。でも私は赤身の方が好きだからねえ、トロにされても困るわねえ」
弟「……ぶっちゃけどっちでもいい」
私「……。」

考えてみれば、弟はトロと赤身を食べて判別できるんだろうか。……できなそうだ。脱力を感じつつ、張り切って次へ。豚カツの登場です。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.