デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


チャレンジの日曜日
 
好き好き! エレベーター

つきました。いかにも重厚そうな表示です。

回転する文字盤がおしゃれ(松坂屋・上野広小路)

とにかく古いエレベーターが上野松坂屋にあるという情報を仕入れ浅草から銀座線で4駅、上野広小路駅へやってきました。それにしても、銀座線は天井が低い。頭うちそうです(うたないけど)。銀座線は日本で一番古い地下鉄だから内装とか妙に古くてサイズがちっちゃいんですよね。

上野松坂屋は上野広小路絵から改札をでてすぐそばの好アクセスです。上野広小路駅の松坂屋は1768年(230年前)松坂屋呉服店としてオープンしたのが起源だそうです。古い! 現在の本館ができたのは昭和4年、そしてエレベーターもオープン当初からずっと活躍してるそうなので、なんと75年間も動き続けている計算になります。さっそく75歳のベテランエレベーターに乗ってみることにしました!



エレベーターファイルNo.1

上野松坂屋
台東区上野3−29−5 (銀座線上野広小路駅そば)

古いですが現役ばりばりで動いています。これが75年前? と疑いたくなるほどピカピカで絢爛豪華な外見でした。あまりにきれいなので不思議に思いインフォメーションの人に聞くと、ペンキだけは数年に一度塗りなおしているようです。なるほど。それにしても75年現役でそのまま動いてるのがすごいっすよ。エレベーター界の国宝です。




手動操作です。

自動操縦ではないので手動の操作ハンドルがついてます。エレベーターガールさんが見事な手さばきで運転してくれます。ところでエレベーターガールという職業がなぜ生まれたかというと、もともとはこうやってエレベーターの運転をする人が必要だったからだそうです。今ではただボタンを押す役目のみのエレベーターガールが多いんですが当時は大変技術を要する仕事だったらしいです。(もちろん今のエレガも大変ですがね)
普段乗ってるエレベーターとちょっと違った雰囲気を楽しみたい人はぜひ。ちなみに、スケルトンで各階の様子が手に取るようにわかります。


文字盤(1階)マウスオンでアップ。現在地を示す赤い三角がランプじゃないのがいい。

文字盤(地下1階)。昔のテレビのチャンネル切り替えも丸かったけど昔の人は丸いものが好きだったのでしょうか?

売り場に向かってスケルトンなエレベーターは今では珍しい。
稲荷神社。

屋上の神社

エレベーターに乗って屋上までいくと稲荷神社という看板が目に飛び込んできました。なんと、デパートの屋上に神社があるんです。松坂屋に遊びに行った際は神社にもお立ち寄りください。それほど広くはないんですが、安らぎます。



三越前駅
日本橋三越外観。

三越前駅の三越(三越・三越前)

松坂屋をあとにして、再び移動です。さて、上野広小路から再び銀座線に乗り3駅目、三越前駅に着きました。百貨店・デパートの名前が駅名になることは珍しいですよね(バス停ならたくさんありますが)。東京の地下鉄では、ここだけ。

なぜここが三越前という駅名になったかというと、三越が駅建設費を100%負担したためです。三越はそのかわり駅名を三越前にして、人々に広く認知してもらおうとしたわけです。つまり、この駅はタイアップで生まれたんです。確かに駅名になるって莫大な宣伝効果です。三越は先見の明があったのかもしれません。



エレベーターファイルNo.2

日本橋三越
中央区日本橋室町1−4−1 (銀座線三越前駅そば)

こちらもかなり年季の入った半スケルトンタイプ手動式エレベーターです。さきほどの松坂屋ほどのゴージャス感はないものの、じゅうぶん、ここでもレトロ感を味わえます。ベテランなのに控えめな姿勢に好感がもてるエレベーター。


階数表示とランプ。ソフトな光が目に優しいです。
半スケルトン。


高島屋

ゴージャス! (高島屋・日本橋)

三越前から一駅移動して日本橋の高島屋にむかいました! ここは情報によるとかなりゴージャスなエレベーターがあるらしい。本当にそうか。今までのエレベーターもかなりゴージャスな雰囲気がありましたが、それ以上にゴージャスなんでしょうか? 気になったのでいってみました。



エレベーターファイルNo.3

日本橋高島屋
中央区日本橋2−4−1(銀座線日本橋駅そば)

ここは前の老舗2軒に比べてもかなりゴージャスです。扉部分の装飾のほかに壁部分の石の色合いもかなりゴージャス感をかもし出しています。あとで登場しますが、床が赤いことも勝因だといえます。
もちろん、手動式です。
また、1階エレベーターホールにはエレベーターが同じ階に集中しないように合図を送っている、いわば司令塔の役目のエレガがいます。そのせいか1階エレベーターホールは活気に満ちていました。


エレベーターの扉の厚さが重厚さとゴージャス感を演出。
エレベーターの中。ボタンも金ぴかでかなりゴージャスです。
エレガが美人でした。
ここも半スケルトン。階と階の間に現在何階にいるか数字がかかれています。これを見てるとちょっと不思議な気分になります。


次は変わったエレベーター密集地、銀座に向かいます。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.