デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
絶滅寸前の「フルーツ牛乳」を追って銭湯へ。

お風呂セットを持って、どこまでも行こう。

子供の頃、下町に住んでいた僕はよく小学校のクラスの連中と銭湯に遊びに行った。近所の銭湯は1回90円(子供料金)で入浴できたため子供でも簡単に遊びに行けたのだ。
体が汚れても気にしない子供をこぞって銭湯に向かわせた理由は番台のお姉さんが美人だった事と(番台は男湯女湯両方を監視するため女性が多かった)銭湯にしか置いてなかった「フルーツ牛乳」を飲むためだ。風呂屋の「フルーツ牛乳」、「コーヒー牛乳」は当時の僕らのトレンドだった。
だがしかし、現在の風呂屋にはフルーツ牛乳、コーヒー牛乳はもう置いていないと聞いた。本当だろうか? だとしたら思い出が一つ失われたようでなんだか悲しい。
そこで現在の銭湯で飲める物を調べるため現地確認する事にしました。

(text by 梅田カズヒコ


桶を抱えたまま電車に乗ります。

煙突が見えてきた!

なぜフルーツ牛乳、コーヒー牛乳はなくなったのか?

「確かにあまり見かけなくなったけど絶滅寸前は言い過ぎだ」と思ってらっしゃる方が多いと思うが、これには理由がある。食品衛生法の法改正により3年ほど前から「フルーツ牛乳」「コーヒー牛乳」といった言葉が使えなくなったのだ。「牛乳」という商品名を用いる商品は100%生乳を使用したものに限る=フルーツ牛乳、コーヒー牛乳という表示はダメ! というルールが3年ほど前にできた。
(※詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてください。)
(社)全国牛乳流通改善協会 牛乳の表示について

つまりフルーツ牛乳・コーヒー牛乳というネーミングはなくなってしまう。コーヒー牛乳はアイスカフェラテ・ミルクコーヒー・アイスオレなどとネーミングを変えながら生き残っていくだろうが、ただでさえ需要の低いフルーツ牛乳は今、種の保存の危機にさらされているといっても過言ではないのではないか? 確かに僕もここ10年ほどフルーツ牛乳を飲んでいない気がする。急げ! なくなる前に思い出のフルーツ牛乳の味を確かめるんだ! そう思った次の瞬間にはもう風呂セットを抱えたまま電車に乗り込んでいた。

銭湯といえば下町という事で東京の下町、台東区は三ノ輪にある「廿世紀浴場」(にじゅっせいきよくじょうと読む。あがた森魚さんのCDのタイトルみたい)という銭湯に行ってみました。ここは銭湯マニアや建造物マニアにとっては有名な場所らしく、写真を撮っていると目の前にある郵便局のおじさんがやってきてどのアングルがきれいに撮れるかを詳しく教えてくれました。


廿世紀浴場。

下足箱。
かなりすすけて見にくいですが広告です。 ドリフの銭湯コント以外で初めて銭湯の広告を見たかも。

さっそく中へ。

番頭のおかみさん情報によると昭和4年(1929年)から一部戦争の時期をのぞいて今まで営業しているそうだ。かなり正統派の銭湯を前にフルーツ牛乳への期待が高まる。
中に入ると古い下足箱があった。そうそう、この感じ。と確認しながら番台へと向かう。よく居酒屋チェーンなどで下足箱がわざと古めかしくなっていたりするがこの銭湯の下足箱はそんじょそこらの居酒屋には真似できないぐらいの鉄の錆び具合だ。
せっかく銭湯に来たのでもちろん入浴する事に。(さすがに銭湯の中を撮影すると御用になりかねないので中の写真はありません)

時間帯が昼時という事もあってかお客さんは僕の他にはおじいちゃんが1,2人いるだけだった。おかげで広々と入浴する事ができた。小学生の僕なら迷惑を顧みずバタ足で泳いでいるかもしれない。女風呂のほうは近所のご婦人方でにぎわっているらしく、上が筒抜けになっている壁の向こうから笑い声やらうわさ話やらが聞こえてきた。

銭湯のレポートもそこそこに本題のフルーツ牛乳をチェックする事に。

 

フルーツ牛乳、置いてない……。



飲み物が無造作に並べられている冷蔵庫へ。普段あまり目にしない牛乳瓶に少し興奮気味になったものの、フルーツ牛乳は……ない。売り切れているかもしれないが銭湯といえばフルーツ牛乳であった僕にとっては残念な結果だった。

コーヒー牛乳はおそらく当時のままのはずだが森永コーヒーと記載されていた。やはり食品衛生法の影響だろうか。結局普通の森永牛乳(写真右)を買う事にした。森永牛乳の瓶は角のとれた四角形になっていて妙に愛らしい。

銭湯としては申し分なかったがフルーツ牛乳はなかった。気を取り直して僕は次の店に向かった。

 

廿世紀浴場

台東区日本堤1-34-1
03−3873−8409


(撮影)番台のおばちゃん



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.