デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
島にはいくらで住めるのか


交番らしくない交番
伊王島行政センター

交番らしかぬ交番

不動産屋の場所を教えてもらおうと交番を尋ねた。そこには交番らしからぬ交番があった。
洗濯物とか干してある。

中からは普通の服を着た若いお兄さんが出て来た。ので、思わず
「ここは交番ですか?」
と聞いてしまったほど。
普段着の彼はれっきとした警察官で、ここは自宅兼交番なのだという。今日は休みらしいが、自宅から出てきて説明してくれた。曰く、

島には不動産屋がないんですよ。そこに市役所がありますから、そちらで詳しく教えてくれると思います。

ええ!不動産屋がない?!

自宅兼交番、自宅から出てくる私服の警官、そして不動産屋がない。
島独特の文化に早くもクラクラになりながら、詳しいことを聞きに市役所の支所へと向った。

島っぽさに打ちのめされる

市役所はガラーンとしており、職員は暇そうにしていた。
私が質問をすると、親切に次のように答えてくれた。
不動産屋は無いです。民間のアパートが一軒も無いんですよ。
島には市営のアパートしかないという。
ちなみに市営アパートの値段は月1万円〜4万円。
安いと思うかも知れないが、これは島だからというよりは市営だから。家賃は収入に応じて変わる。

家や土地の売り買いについては、市役所では管理してないのでわからないが、雰囲気としては「ほとんど売買されてない」とのこと。

ついでに、島暮らしについていろいろ質問してみた。
野菜とか魚は高いですよ。船で運んでこないといけないですから。もっとも、自給自足すれば安いですけど。
それから、市内に通勤する場合の定期代は月2万円かかるという。

島暮らし、意外とお金かかるのかもしれない。




島をウロウロしてみた

島に不動産屋がなくても、街の不動産屋に管理を委託している物件があるに違いない。島をウロウロして売家とか売地の看板を探してみることにした。

と、コネタの匂いのする家を発見。
壁に何かペタペタ貼ってある。


コネタっぽいぞ

壁にいろいろ貼ってある

これ店??

御用の方は自宅へ来てください
くだつて4軒目

一瞬、店頭に商品がぶら下げてあるのかと思いきや、よく見たら家の外壁だ。壁紙の一枚にはこう書いてあった。
御用の方は自宅へ来てください くだつて4軒目
おお、なんという斬新な!
自宅に来てください、しかも4軒目って遠いじゃないか。
島、おもしろいなー。




のどかな雰囲気

島は独特の、のどかな雰囲気に満ち溢れている。
フェリーの待合室では、ほとんどの人が寝ていた。


寝てる寝てる

写真ではわからないが、売店のおばちゃんも寝てる。
切符売り場の中のおじさんも寝てた。

待合室の片隅には、ノートが置いてあった。


いおうノート・ファイブ

ノートの中身はこんなだった。


観光で訪れたカップルのラブラブコメント。
ま、定番か。

と思ったら、こんなんもあった。


…………。

これを描いた人が、どんなメッセージを伝えたかったのか大変理解に苦しむ。




売家、見つからず

…と、こんな感じで面白いものはたくさん見つかったが、売りに出している家や土地の看板は見つからなかった。
やはり役場の人が言ってたように、滅多に売買されてないのかもしれない。

ということがわかったついでに、温泉に入った。


島の主要施設である「やすらぎ伊王島」

島の四分の一くらいの面積を使ったリゾート施設・やすらぎ伊王島
ここはかみさんと結婚する前に一度泊まったことがあるが、なかなか素晴らしいところだ。

「島いいなー。」
という思いを満たしてくれる。


海に面した露天風呂
ガーデン


事件発生

次に私が行こうとしていた島・高島で、
なんと殺人事件が起きた!

そこはおよそ殺人事件とは縁遠い感じの、自転車で楽に一周できる小さな島 (地図)。そんなところで今朝事件があったという。なんてタイミングだ!

予定を延期することも考えたが、スケジュールの都合上、やはり行くことにした。この時点では事件の全貌は掴めてない。待合室でテレビを見た人が喋ってるのを聞いた程度。あとかみさんからも、こんなメールが来た。
高島町で殺人事件があったそうですが大丈夫?
逮捕されてない?

私が間違って逮捕されてないかどうか心配してくれてるようだが、それについては今のところ大丈夫だ。


一抹の不安を胸に次の島へと向う


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.