デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
砂・ボウリング

アウトドアとは縁が無いが、砂浜で何かして遊びたいという欲求はある。

砂のお城を作るとか。あれのでっかいのとか作ってみたい。

でもデイリーの工作部隊員としては、他に何か作って提案してみたい。

こんなレジャーはどうか。砂・ボウリング。

乙幡 啓子

全てはここから始まった

「relax」という雑誌に、ある日NOKIA特集と題して、その北欧の携帯電話メーカーの出す製品がいろいろ載っていた。その中にこんなものが。



こんなノベルティを出している。素敵だ。


電話と同じ色のアイシャドウや携帯型のチョコレートなど、他にもNOKIAは面白いノベルティグッズを出しているらしいが、この自由度は何だ。砂遊びセット。「3G」だ「フルブラウザ」だとワーワー言ってる中、「砂」に発想を飛ばしてしまう。見習いたい発想だ。

そんな中、小田原で「300本倒せるボウリング」ができると聞いた。行ってみたいが小田原、ちょっと遠い。

そこへ、意識の中で遠くの方から声が聞こえてきた。「砂でボウリングのピンを、作っては、どうだい?」

「はい」

砂浜で自分で作れば、新しい海のレジャーになるかもしれない。そしてふらふらと東急ハンズへ行き、ひととおり材料を買ってきた。



今回は本気材料です。笑えない。


1週間前:不安な買い物

以前「ヌーブラを作る」特集でお世話になった売り場の方に、「ボウリングのピンをですね、・・・」と説明する。

・鯛焼きみたいな型抜きっていうんですか、あれを作りたいんですが
・型はボウリングのピンで
・その型に砂をつめて型取りし
・海辺でボウリングをしたい

日々、私以上にめんどくさいお客を相手にしているのか、さすがプロ、すぐさまメモ帳に青写真を描いてくださった。「そうですね、型の周りにFRP樹脂を塗ってパカッと外すか、あるいは塩ビ板の1種をホットプレートで温めて型にぎゅうーっと押し付けるか、ですかね」とのことだったので、1回勝負になりがちな後者の方法ではなく、地道に型に何度も塗り重ねていく方法をとることにした。で、買ったのが以下の材料。不安だ。すごく不安だ。

・ポリエステル樹脂低臭気
・硬化剤
・離型剤
・液体ラッカー(サンディングシーラー)
・硬質ウレタン



危険物第5類。不安だ。



アセトン(火気厳禁)。不安だ。




ホルムアルデヒド放散等級。不安だ。 (調べたところ、F☆☆☆☆は「法規制対象外・無制限に使用可」とのことで、安心)


型となる「ボウリングのピン」をおもちゃ屋で物色するも、小さい子用の小さいピン、しかも軟らかめのプラスチックっぽい材質でこれまた不安。なので、硬質ウレタンを削って自分で作っちゃうことにした。これは楽しそうだ。

「これは発泡スチロールと違って、ヤスリかけて細かな造型ができます」とのことで、2つ返事で購入。



今回は発泡スチロールでなく、硬質ウレタン。「スチローラー」としてはちょっとがっかり。


驚きの作品No.0762「ボウリングのピン」は、次ページで!(ほんとすごいよ)。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.