デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
音の出る駄菓子で演奏はできるか

駄菓子屋は人を骨抜きにする。

このことには皆さん同意してくれるものと思う。特に大人には、幼い頃の駄菓子屋通いの思い出がよみがえり、「これあったよね」「あったあったあった」のやりとりが無限乗積で展開される。

さて今回は「ポッドキャスティング連動企画」にかこつけて、「音の出る駄菓子トリビュート」と称し、ブーブー音の出るもんを集めて演奏しようと目論んでいます。音楽ココロのない自分ら。どうなるかまったくわかりません!

乙幡 啓子

日暮里の有名な問屋街は今・・・

まず向かったのは山手線日暮里駅から程近い、駄菓子屋横丁。徒歩5分程度と聞いていたが、いきなり迷う。同行いただいたNifty古賀さんが、あそこで聞けば教えてくれるはず!と飛び込んだのは、納得の「ヤマト運輸」さん。


「ちょっとすいませーん」

笑顔で簡潔に教えてくれた。その通りに道を進むと、あったのは小奇麗なビル。

駅周辺開発のため問屋街はすでになく、今は数店の問屋がこのビルの中で営業中なのだ。路地の左右に軒を連ねた昔の情景を頭に描いていただけに、ちょっとさびしいものを感じるが、それでもよくぞ残っていてくれた!と、気を取り直して入っていく。


店先に大きく張り出した陳列が、やはり頼もしい。

この日は梅雨明け後にも関わらず曇天で、気温も割と涼しいほうだったのだが、入店後30秒で汗がどっと噴出した。

これらの宝の山を前に、女2人無言でいろというのが無理。なぜだろう、いちいち声に出して「うわー」「これこれ!」など言わずにはおれないのは。有酸素での感嘆をくりかえし、どんどん体脂肪も燃焼中。汗も吹き出すというものだ。


「名古屋の不思議」の取材でお邪魔した会社の「フルーツマンボ」がここにも!
電車チョコ!絶対食べきれないのにうっかり買うところ。
押すと丸いガムが出てくるあれ。小学1年の頃、レジ待ちのとき何気なくボタンを押したら1個出てきてしまい、あわてて口に入れて帰ってきた覚えあり。すみませんでした。
おなじみ、「モロッコのヨーグル」がセットで。ちっちゃい木のヘラ付きが泣かせる。お世話になったあの人へ、お中元にいかがですか。
うまい棒ブランドのキャンディなんて初めて見た。お好み焼き味やコーンスープ味、ではなくイチゴミルクなど常識的な味。
けっこういろいろ出している。これは中身は見えなかったがミニシュークリームみたいなものだろうか。

はっ、いかん・・・。「音の出る駄菓子」 を求めてやってきたはずだ。手放しで喜んでどうする。でも店の人も、「お客さん皆そんな感じで大興奮ですよ」 と言っていた。大人が特に大騒ぎだそうだ。実際、スーツ姿のおじさんが一人静かに、「あんこ玉はどこですか」 とお店の人にきいていた。

あまり駄菓子の写真を並べすぎるのもどうかと思うが、もう少しお付き合いいただきたい。なんでこんなに人に見せたいのかよくわからない。


2階は箱積みの菓子が並ぶ、いかにも問屋。秋葉原の裏通りのPCパーツ屋っぽい。

ココアシガレットしか知らなかった。コーラ、オレンジ、イチゴ、サワー、こんなに出ていたとは。
恐怖、1kgのイチゴキャラメル。古賀「これ全部食べたら1kg以上太りますね」 確かに徳用だ。
「あたり前田のクラッカー」の実物を初めて見た。
問題の一品。親には言えない買い物。卒倒しかかる。
投げつけたらどこに飛んでいくか予測不可能なスーパーボール。本当か。
なんか売れてるらしい。水にいれると泳ぐそうだ。
ぐっとくるコピー満載の「毛笛」。
同左の一部。すごく思い切りのいい描写のパンダ。

魅惑のチーズかまぼこタワー・・・あなたの部屋の窓辺にもぜひ。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.