デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


チャレンジの日曜日
 
Windows 35

ゲイツさん!
お世話になっております!

というわけで
いつもWindowsには
大変お世話になっている僕ですが、
そこで今回は
日ごろの感謝の意を込めて
僕も
我が町のWindowsに
思いを馳せてみたいと思います。

 

すなわち、
窓たち
です。

ビルや建物の窓などにはときどき、
行き交う人々への告知のために、
いろんな字や貼り紙が
ドーンと貼られているものですが、

今回は
そんな窓たちの中で
とくにグッときてしまうものを
大紹介してしまいたいと思います!!

     (最後に謎の漫画も連載開始だよ!)


(text by ヨシダプロ



【Windows 近所編】

Windows 01 「東京窓」 


 

東京

です。

 

これは
うちの近所にあった
ある建物の窓なんですが
そこで突然
東京と
書かれておりました。

まぁたしかにここは東京ではありますが、
もうちょっと後に
何か続いてほしいと思うのは
僕だけでしょうか。
そこまで望んでしまうのは
読者のエゴなのでしょうか

次に通りかかるときは
ぜひもうちょっと
説明を追加しておいていただきたいものです。

 


Windows 02 「募集窓」 


 

歯科助手募集中
です。

歯科助手を募集しているのは
よくわかるのですが、
なんだか無性に
母性本能がくすぐられてしまうのは
一体なぜでしょうか。

やはりそれはこの
フォントに起因するのでしょう。

こんな手を差し伸べてあげたくなるフォント
そうないものです。

このフォント
欲しいです。

 

Windows 03 「ファミ窓」 


 

ファミコンショップ
ピッコロです。

さすがに時代が時代だけに
ファミッ子はもう大集合しておりませんでしたが
この手の店 僕は大好きです。

で、
ピッコロというその店名もグッと来ますが、
やはりその手前に描かれている
マリオ風マリオが
気になります。

でもこれ
よく見てみましたら
その帽子にはマリオの「M」じゃなくて
「Pi」
と描いてあります。

つまり
ピリオ
ですね。

 

版権的にちょっと気になっていたのですが
マリオとはまったくの別人だとわかって
安心しました。

 

 

Windows 04 「タマ窓」 


 

窓ですが
「理容室タマ」です。

多摩だけに。

 

で立派な理容室なのですが
両サイドにカット料金の一覧が
妙に
焼肉屋のメニューみたいに
見えてしまうのは僕だけでしょうか。

 

各種パーマ 2人前
みたいな。

でも
多摩市民のみなさんは皆
この「理容室タマ」さんにお世話になっているので
みんなおしなべて同じ
多摩カットなのであります。

 


Windows 05 「ンー窓」 


 

4月24日
ンープオ
です。

 

初めて見たとき
アラビア語表記か何かかと思いましたが
どうやらそうでもなかったようでした。

 

当時
改装中だったこの店の前は
今でもよく通るのですが

現在は無事
ンープオしておりますので
みなさん安心してください。

 

 


Windows 06 「生徒窓」 


 

生徒を募集しております。

 

でも募集はしているのですが
肝心の募集内容部分が
あまりに風化しすぎていて

何の生徒を募集しているんだか
さっぱりわかりません。

 

でも「生徒」だけに
きっと何かは学べるのでしょう。

さてはここ
男塾でしょうか。

 

桃もJも
この窓を見て男塾の門を叩いたのかと思うと
感慨深いものがあります。

 

Windows 07 「公開窓(1)」 


 

多摩消防署公開デー

ということで
多摩消防署が
大々的に
公開されるようです。

消防署の窓に大々的に公示されておりまして
そんなに
公開したいのでしょうか

 

で、
この窓を目にした数日後、
再びこの消防署の前を通って
この窓を見てみましたら…

 

Windows 08 「公開窓(2)」 


 

よりアピールです

 

さらに
「見て触れてみよう」
という
サブタイトルまでついております。

 

これ
相当公開したいようですね。

 

 

で、
その次の日、

 

 

チョー公開されていました。

しかも多摩市民
かなり行列をなして
殺到しておりました。

 

市民に開かれた
消防署
素敵ですね。

 

 

Windows 09 「公開窓(3)」 

 

で、再び
その数日後

 

 

また公開キター!!

 

今度は
多摩特別消火中隊の誕生に伴う
公開のようです

さらに見学まで
大歓迎の模様です。

公開大好きな我が町の消防署
もうご自由に
なんでも公開し続けてくださいませ。

 

 

     
       さぁ、ここで突然ですが、
       この巻末にて謎の連載マンガのスタートだ!!

(1)

(続く)



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.