デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
自分で自分に罰ゲーム

最近、どうも「だれて」しまっていけない。季節の変わり目にちょっと風邪っぽくなり、それ以降部屋が荒れ放題。通っているヨガもご無沙汰だ。ヨガ行き始めの「人生変えるわ!」というモチベーション、あの感じはどこへ行ったのだろう。

だからといって、そうそう叱ってくれる人が大人にはいないのだった。大人はかわいそうですね。そこで自身に活を入れるために、ちょっとした試練をカンフル剤代わりに課してみることにした。テレビなどで見ていて、一回どんなものか試してみたいと思っていた罰ゲーム。あれを日常に取り入れるのはどうだろう。

しかしあくまで、ちょっとした試練だ。ちょっとした罰をカジュアルにやってみました。

乙幡 啓子

罪その1:寝坊

ただでさえ低血圧で起きられない体。ここ最近の寒さと、最近買ったニトリの羽毛布団のおかげで、布団からなかなか出られない。で、今日も出発ぎりぎりに起床である。


・・・。

むーん・・・。ベッドの上に起き直ってからでも、そこから立ち上がるまでに30分はかかっている。

・・・あー。

だめだ!こんなことではだめだ!

上の写真は実際に起き抜けのところを自分撮りしてみたものだが、今写真にキャプションをつけながらも、腹が立ってきてしょうがない。私は自転周期が243日ある金星の生まれか?

 

罰その1:わさびたっぷり寿司

そこではい、乙幡、アウトー。罰ゲームです。買って来た巻き寿司を自分で広げる。


鮭トロ巻き。だいたい展開がわかるだろう。

わさびを80%増量。

「わさび巻き」というものが存在するくらいなので、けっして無茶なことではない。しかしひとりでセッティングしたこのわさび巻き、グルメ気分で食べるにはちとつらい。しかしつらくなければいけないのだ今日は。

まだ展開が想像できない。

わからないなりにいきなりかぶりついたところ。(マウスオーバーで動きあり)

わさびをこんなに一度に大量にとったことはない。よって、いくつか新しい発見があった。

・口に入った時点ではそんなにショックはない。
・大丈夫だ、はははと笑うと、その呼吸により香気が鮮やかに迫ってくる。
・その後は大変だ。上を下をの大騒ぎだ。
・どうも買い置きのチューブわさびの賞味期限が切れている。

もう寝坊するまい。残りをお茶漬けにしてかきこみながら、そう心に誓う。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.