デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


特別企画
 

きょうは2005年の9月と10月掲載ぶんから紹介します。

林:では対談をはじめよう。
べつやく:ああ。こちらは準備OKさ。
林:なんの説明もなくその口調とは恐れ入ったな。
べつやく:いままでの対談を読ませてもらっていたからな。
林:ところでべつやくは女なのだが、その口調でいいのか。
べつやく:ああ、問題ないよ。
林:困ったな…
べつやく:むしろ女ことばよりも話しやすいと思っていた俺さ。
林:そうか。ならば日が暮れるまえに話してしまおう。9月と10月を。
べつやく:そうだな。はやいところ済ませてしまおう。
林:日が暮れるとヤツが来るからな。あの、別名『血に飢えた銀行家』さ。
べつやく:「緑色のコンビニ店員」よりもおそろしいヤツか。
林:それはまるでべつやくのイラストのようだな。
林:きりがないのではじめていいですか
べつやく:はい。失礼しました。

べつやくれい/林 雄司

真顔で変なことをさりげなく書いていた(鯖くさらかし岩の秘密


もうこの顔だけでおなかいっぱいだ。しかしこれは笑顔か?(笑顔たやさず1日過ごす

対談では触れてないがこの記事も短髪チームらしい。(砂浜に縦に埋まる

先頭の森さんの顔の角度が後藤真希のようだ。
お神輿でハイテンション

デイリーポータルZ 短髪部の存在

林:意外なところに目を付けたんだ。またT斎藤さんさ。(鯖くさらかし岩の秘密
べつやく:また彼か。
林:2ページ目 「あ、海。」の写真の下。

などと、どうでもいいことを思わず考える。男女7人サバ物語。
(太字は編者)

林:適当なこと書いてるんだ。まじめなふりして
べつやく:オーこれは見逃していたよ。まじめなふりをして適当なことを垂れ流し放題だな
林:そうなんだ。ヤツは法師丸と顔が似ている時点で気づくべきだった(似てます)
べつやく:しかも男女7人サバ物語が何のことなのかわからないな
林:デイリーポータルZ短髪チームともいえる存在が鍵かもしれんあ。安藤・斎藤・法師丸・住だ。
べつやく:しかも、安藤・住にいたっては、下の名前がおなじだな
林:あ、そうだ。いまふたりとも伸ばそうとしているところもシンクロニシティ
べつやく:恐ろしいカルテットだ
林:短髪チームの特徴は狂気なんだが、端的なのはこれだ。(笑顔たやさず1日過ごす
べつやく:1ページ目の最初の写真でもう「やられた」と思ったよ
林:見てはいけないものを見てしまった気がして、周囲に人がいないか確かめてしまったね
べつやく:ああ、自宅で見た俺でさえ周囲を気にしてしまったほどだよ
林:しかもヤツはチャーリーブラウンみたいなシャツ着てる。全くバッドなチャーリーブラウンだぜ。
べつやく:チャーリーブラウンというか、チャーリー茶色と名付けたいな
林:浅草のにおいがする名前だな。チャーリー茶色。次の短髪チームの作品はこれだ。(お神輿でハイテンション
林:2ページ目いちばん上の右の写真で 先頭の森さんがちょっと首をかしげてるんだ。
林:モーニング娘。にいたころの後藤真希みたいなんだ
べつやく:言われてみるとそうかもしれんな。流し目がとてもセクシーさ
林:そうなんだ。男のおれでもセクシーと思ってしまうのが怖いンだ。
べつやく:ところで、この特集の最後のほうの展開の良さにも気づいていたかい?
林:?いや、わからないな?
べつやく:住さんのが「均等に重みが分散されているのか」とか「痛いのは僕だけなんじゃないか」と仲間を疑っているのさ
林:人を疑う気持ちもひっくるめて人生、ということさ。
べつやく:全くわからないけどジーンとしたよ。べつやくの目にも涙さ
林:けだし名言だ。
林:適当な接続詞を使ってみたのさ。
べつやく:そうか、山椒は小粒でもぴりりと辛いな
林:オーケー(流してすいません)。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.