デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
東京は夜の12時

東京タワーって何時に消えるんだっけ?
そんなことをフト思い、調べてみたのです。
「基本的に、夜の12時に消灯」
フムフム。
「消える瞬間を恋人と一緒に見ると、その二人は永遠に結ばれる」
……なにそれ! 
そんな、とって付けたような伝説があるなんて、全然知りませんでしたよ。まじすか。

んー、見たい。永遠に結ばれるような相手は今のところいないけど、とりあえずパッと消えるとこを、ただ眺めたい。
そんで私が今年、ラブリーをゲットすれば「タワーの消灯を見たら恋愛運アップ」という、新たな伝説を作っちゃっえるしー、あとあと、せっかくだから、東京地区以外のかたにも見れるように、動画でうつして、世界中に配信しちゃうと、なんか楽しそうだしー!

ま、そんな思い付きから始まった企画だったのですが……。

(text by 大塚 幸代

東京タワーの前で撮影、となると、それに相応しい格好をしなければならないと、思いまして。

あの関東で大雪の降った日、買ってきたんですよ、東急ハンズで素材を。

なんかこう、ウレタンみたいなモノです。
これにピンとヒモで作った、手製コンパスを使って、

円をかいて。

集中してカッターで切りました。不器用なので、超真剣に。

ぶじ円が切れたら、ロゴ作成。

つたないながらも、フリーハンドで書いてみました。

それを地味に地味に切り抜きます。
(えーと、ここまでで、何気に3時間くらいかかっています)

裏に透明のビニールを貼って、文字をととのえて……。

『デイリーポータルZ』の、おしゃれスケスケロゴ完成! やった!
(それにしても、周辺ちらかりすぎです)

……で、「夜の12時にタワーに一緒に行ってくれないかな」とデイリーポータル関係者や知人など、数人にアタックしたんですが、皆、苦笑いするばかりでスルー。
そりゃそうだよねえ、寒いしねえ、恋人でもないかぎり、そんなもん一緒に見ないよねえ、あの伝説ってそもそも「そんだけ無理なスケジュールが調整出来る仲ならウマくいくかも」ってことなんじゃん! ただのハードルやんけ! とかなんとか思いつつ、ガックリしていたところ、「いいですよー」と最近お友だちになった、ニシさん(おとな女子)が快諾してくれたのです!(いやあ、私たち、親友になれるかもしれませんね、とか思っちゃいましたよ…)。

ふたりでアルコールを入れて身体をあっためたあと、タワーに向かいます。
「……なんか、近くで見ると迫力ありますねえ」
「ありますねえ〜。しかし、どっから撮影したらいいんだろう…?」

タワーの周辺をぐるぐるまわって、ビューポイントを探します。


「こうか〜? なんか違うな」


「む、ここだっ」

駐車場のわきで、私たちはスタンバイ。
私は東京タワーのための盛装をしてきたので、ノースリーブ。ていうか肩はヒモ。
しかし!

「……消えませんなあ」
「消えないねえ〜」

12時を過ぎ、動画を撮ったままで、1時間。……1時間!
雪の次の日だから、気温はもちろんマイナス。
しかも風がビュービュー吹いている。
首に巻いた羽根が風に揺れる。
うあ、うああああああああ。気合いなら結構負けないほうなんですが……。

午前1時過ぎ。電気は消えず。

後頭部から、ぬあーーーーとした気持ち悪さと眠気が襲ってきて、座り込む、ヘタレ大塚……。

「……眠いよう、パトラッシュ、パトラッシュ……あうあうあう」
「お、大塚さん、大塚さああああああん!!!! 今日はやめましょう、死んじゃいます!」
「ええ、でもおおおお……」
「また来ましょう、また付き合いますから! ほんと死にますよ! ていうかもう私も死にそうです!!!!」

ニシさんストップ。
そんなわけでこの日は撮影中止。

そして翌日から、私は見事に体調を崩し、1週間寝込んでしまったのでした……バカだ。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.