デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
男パフェ

 

圧倒的スケール

70cmというのは想像以上にでかかった。
これを食うのか…。


オーマイガッ…


どーん


男4人がパフェを囲んで和気あいあい


パフェはあまりにも背が高いので、普通に椅子に腰掛けていては手が届かない。
私の自慢の座高をもってしても高さが足りないので、椅子に正座して食べた。

とりあえず頂上にあった星型のモノと、その下のシュークリームを食べた。モグモグ、うまい。うまいけど、普段の私ならそのふたつくらいでもう終わり、なんだけど。。

男たちの素敵な共同作業

が、ここでみんなからの助太刀が入る。
みんなで食べれば70cmも恐くない。

倒さないように慎重にパーツをバラしていく。
おお、なんだか楽しい雰囲気になってきたぞ。
男4人でキャーキャー言いながらパフェを囲む。
パフェの中には針金が何本も入っており、耐震強度はけっこう高い。偽装されてない。

ナイス耐震構造

グラウンド・ゼロ


グラウンド・ゼロ

みんなのおかげで、とりあえず上に積み重なっていたものはすべて無くなった。感慨深い。ビスケットがグラスに水平に置かれているのを見たら、自然と
「グラウンド・ゼロ」
という言葉が頭に浮かんだ。

が、よく考えてみたらこれ全然ゼロじゃない。
普通のパフェならここからスタートなのだ。


後ろの席でもタワーが樹立


タワーの連鎖反応

ふと遠くに目をやると、後ろの席で楽しそうにしていたカップルたちも我々男達の興奮を見て羨ましくなったのか、タワーを頼んでいた。

しかもこれは我々が頼んだものよりさらに5cm高い、期間限定“トリノ・オリンピック・タワー”だというではないか。75cm。なんだそれー。

パフェを食べるに理想的なツインカップル

理想とはほど遠い男パフェ

ム。これは…


パフェ侍

一方、我々はグラスの底の方をすくうために用意されたと思われる長いスプーンに注目していた。

ちょうど私が正座して食べていたこともあり、誰かが 「パフェ侍」という単語を使い始めた。
すると、みな長いスプーンのサムライ的な取り扱い作法を研究し始めたのだった。

いつの間にかサムライ気分

こんなサムライいねえ

長スプーン捌きを研究する面々

このテーブルだけ変

これがパフェと申すものか。


パフェ侍は一刀両断の鋭い切れ味、
とは言い難い。

ズバッ!(←斬る音)   あれ!?(斬れない)

ズバッ!   あれ!?

ズバッ!  …ふぅ。

パフェ侍ってのは、たぶんこんな感じだろう。






パフェは男の食べ物だ

というわけで、男だけのパフェを満喫してきた。
なんか途中から変なスイッチが入ってしまい、店を出る頃にはなぜかすっかりサムライ気分になっていた。

意外にもとても楽しかったので、
「また参ろう」
と、みな口々に申しておった。

「またいつか別の店を斬りに参ろう。」

●お店データ
・カフェオリンピック (場所) TEL:095-824-3912



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.