デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
自分をさかのぼる誕生日
20年前もここにいた

2月10日は、ぼくの30才の誕生日だった。

長かったような気もするし、短かったような気もするこの30年。でも、そんなあいまいな感想じゃなくて、せっかくだからその長さを実感したい。

誕生日の1日で。

(text by 三土たつお

自分がかつて過ごした場所をさかのぼろう

30年間、振り返るとあっという間だ。でもそれは、過去にあったいろいろなことを忘れているからかもしれない。

ここまでのあいだ、住む場所も変わったし、所属する場所も学校から社会へと変わってきた。それらの場所へ、年代をさかのぼりながら実際にたずねていくのはどうだろう。30年の長さを少しは実感できるような気がする。

せっかくなので、それを誕生日の1日でやりたい。そして、ちょうど自分が生まれた時刻に生まれた場所にいるようにする。

30年を1日に圧縮して逆回しする感じになるんじゃないか。


八重洲ブックセンター入口。

まずは生まれた日について調べる

東京駅前の八重洲ブックセンターに、生まれた日の新聞をコピーしてくれる、という自販機が置いてあるのを見かけた。

自分の生まれた1976年2月10日がどんな日だったのか、まずは調べて見ることにしよう。

入口からすぐ近くに、その機械はある。

お金を入れて日付を選択すると・・

でてきたのがこれ。

生まれた日付を入力してしばらく待つと、取り出し口からコピーされた新聞の一面がでてきた(社会面を選ぶこともできる)。

日付は昭和51年2月10日とあり、たしかにぼくの生年月日になっている。そして大見出しは「PXL選定にも疑惑」。

調べてみたところ、その左下にもあるとおり、あのロッキード事件の関連記事だった。事件がはじめて報道されたのがその5日前。だからちょうど世の中が騒然とし始めた真っ最中だったんだろう。


これが現在いる場所(仕事机)

生まれた日へさかのぼっていきます

これが30年前。

ここに向けて、時間を10年ごとにさかのぼりながら、かつていた場所をおとずれていくことにしたい。

というわけで、最初は現在から10年前の1996年。ぼくはどこにいたか。


  つぎへ>

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.