デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
“爆弾”と名付けられたたべものたち

ばくだん丼

うまそう


マグロ・納豆・イカ・おくら・つけもの・たまごが入っている。ねばねば。
このようにご飯に乗せてかき混ぜて食べる。みためはあれだけどこれがうまいんだ。

もうなぜ爆弾なのか? とか気にならなくなってきたかも

東京にてチェーン展開する丼屋「まぐろ市場」より「ばくだん丼」。またしてもばくだん。(もう目や耳が慣れてきたけど、やっぱり変だ)

まぐろやイカを納豆・たまご・オクラなどねばねばしたもので包む。これらをぐるぐると混ぜるとばくだん丼のできあがり。

これがうまかった。食欲が減退しそうな夏にはもってこいの精力のつく一品。550円という安めの値段設定もうれしい。

でも、なぜばくだんなのだろう?

調べるとほかにも類似の納豆と海鮮を使った爆弾があった。

千寿司チェーンおしながき
ページ最下段

ばくだんは浦安名物なんだそうです。知らなかった。

沖縄観光情報サイト ハイサイ沖縄! より
ページ中下段

こちらも類似の“ばくだん”。しかも今度は宮古島名物。果たしてばくだん発祥の地はどこだ?

 


・「ばくだん丼」の正体

海鮮ねばねば丼

・なぜ“ばくだん”と名付けられたのか

1.海の幸と納豆などを混ぜたものを伝統的に爆弾と呼ぶようだ。

まぐろ市場
http://www.maguro-ichiba.co.jp/



< もどる ▽この特集のトップへ つぎへ >
 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.