デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
雪上車に乗って岩盤浴に行きたい

やっぱりカッコイイよ、雪上車

宿にチェックインしてフロントで雪上車を予約し、まずは刺激の強い温泉を堪能して一泊。そして翌日、定刻の少し前に玄関へいくと、そこにはパンフレットに載っていたあの雪上車が待っていた。


じゃーん。実物は写真以上にカッコイイのだ。

車全体が雪仕様なのではなくて、タイヤの部分だけが三角形のキャタピラというのが堪らない。

運転手さんに聞いたところ、このバスは夏になると普通のタイヤを履いて走っているとのこと。雪国の普通の車が冬にスタッドレスタイヤを履くように、このバスは冬になるとキャタピラを履くのだ。


真横から。やっぱりカッコイイ。

しかしタイヤをキャタピラに替えただけで、普通のバスがこんなにも魅力的になるのだから驚きだ。人間でいったらスニーカーの代わりにかんじきを履いているだけなのに。


キャタピラはアスファルトを傷つけない硬質ゴム製。

スキー場で出逢った男女が街で再会してガッカリ、という話を聞いたことがあるが、私が夏にこのバスと再会したとしても、もうこんなにもときめくことはないだろう。


記念撮影。

 

いろいろな雪上車達

この一台でもう大興奮なのだが、新玉川温泉にはこのバスタイプ以外に何台もの働く車達が置かれていた。雪上車のオールスターだ。


赤いトラクターならぬ赤い雪上車。小林旭に乗ってもらいたい。 より本気な雪上車。残念ながら従業員専用。

ロータリ除雪車。シマシマがかわいい。 除雪ドーザ。本当にそういう名前なのだ。加藤ローサみたい。

タイヤだけをキャタピラに替えたバス型雪上車は、そのアンバランスな魅力が堪らないが、これらの農耕馬のようにたくましいネイティブ雪上車もまた、誰しも一度は乗りこなしたいと思わせる一台である。


ただ雪上車が動いているというだけで楽しい。

東京から何時間も掛けて雪山まできて、雪上車を見てボーッとする。これぞまさに大人のレジャー。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.