デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
東京湾工場クルーズ

■"海の表参道"京浜運河

このクルーズは大きく2部に別れる。 まずは川崎の工業地域のど真ん中を行く京浜運河。言うまでもなく首都圏における工場鑑賞には欠かすことのできないエリアだ。それを普段は体験できない海か らの眺めで楽しめるというのだから否が応でも期待が高まる。

第2部は羽田空港沖を過ぎてお台場沖から木場まで、 東京港のエリアだ。ここはキリンの大群生地帯と言える。

導入は、"ジャ ンキー"にはおなじみの大 黒ジャンクション。なんどもジャンクション鑑賞で訪れたものだが、海から見るのは初めてだ。すばらしい。ビルなどの障害物がなく、遠 景からその優美な姿を鑑賞できるのは、船上からならではだ。


大黒ジャンクションを横から。しょっぱなから興奮状態の筆者でした。

そして第一のクライマックスへ。京浜運河だ。左の市松模様のガスホルダは地上から見るとこんな感じ
水上って、近景がないから緩慢に風景が変わる。じっと見てると変化がないように感じるが、気がつくとずいぶん角度が変わっている。これは地上の街では体験できない不思議な感じ。

遮られずにその全貌を堪能できるタンク群。(画像クリックすると無駄に大きくご覧いただけます)

工場好きとしてはおなじみの光景も船上からだとまたぐっとくる。

円筒のタンク、球形のタンク、上がドームになってるタンク、そしてクレーン…素敵すぎる。貴様らぼくをどうする気だ。

メンバーのみなさんも夢中です。

ぼくが興味深いと思ったのは、水上経験豊富なはずのメンバーのみなさんも興奮状態だったことだ。

「なんど乗ってもやっぱりあたらしい発見がある」とおっしゃっていた。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.