デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
東京にある終着駅


終着駅を巡ります

終着駅というとどんなイメージを持つだろうか。
最果ての地、行き止まり、末端などあまりポジティブな印象にはならない。
どちらかというとうらぶれた、わびしい感じの響きである。

そんな終着駅だが、東京の23区内にも存在するのだ。
大都会東京にある終着駅はどんな感じなのか、いくつか訪れてみた。

工藤 考浩




都営浅草線西馬込駅

終着駅というといろいろ定義もあるだろうが、今回はその先に駅がないところを見てゆこうと思う。
たとえば東京駅はいろんな路線の終点だが、ほかの路線とつながっているので除外する。
ようするに「ここでおしまい」という駅を回るのだ。

まず最初に向かったのが地下鉄都営浅草線の南の終点西馬込駅だ。

西馬込駅

西馬込駅があるのは東京都大田区。
駅前には国道1号線が走っており、その周辺にはマンションが建ち並ぶ住宅街となっている。

いかにも終点らしい駅表示
線路はここまで

終着駅だと思うと、どことなくさみしげに見える

やや広々としている

東京の都心部からみると、やはり西馬込は建物の密度が低い。
交通量の多い道路に面していることもあって、東京の郊外に見られるような景色とやや似ている。
しかし、「終着駅」というイメージほどに寂れているというわけでもない。


駅前は普通の住宅地

終着駅だということは始発駅でもあるわけで、朝の通勤の時は空いている電車に乗ることができ、そういう面では便利なのではないだろうか。

都心と違って空が広い

ジョナサンに入ります

ちょうどお昼前だったので、駅の少し先にあったファミレスに入ってご飯を食べることにした。
終着駅の前にある食堂で食事をするというのは映画のシーンにありそうだ。



カツ煮定食を食べました
ボトルの焼酎をドリンクバーで割るシステム

店内では隣のテーブルで、僕と同年代くらいの、中年になり始め男女3人が、焼酎を飲んでいた。
話の内容から、どうやら普通のサラリーマンのようで、男性二人はきちんとスーツを着ているのだが、平日の昼間に焼酎を飲んでいるのだ。
小さいボトルの焼酎が何本か空になっていて、結構な量を飲んでいるように見える。
ふつうの会社員がなんでファミレスで焼酎を飲んでいるのか、とても気になるので、いっそのこと企画内容を変えて、僕も混ぜてもらって一緒に飲もうかと思った。

もうすぐ梅の季節ですな

次の終着駅へ

西馬込には謎の昼宴会サラリーマンという強烈な印象が残った。
僕にとっては住みやすくて楽しい街というイメージを西馬込に持った。

さて続いては、チンチン電車の都電荒川線の終着駅へと向かおう。


三ノ輪駅からむかいます


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.