デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
俺のイビキはどれだけうるさいのか


いろいろ試したんですけどね…。

イビキ、それは本人はまったく気にならないけど他人に迷惑をかけてるもの。かく言う自分もどうやら、というか確実に自分も迷惑をかけてる側だ。いわゆるイビキストだ。子供の頃から親に言われてたし、その後も誰かと泊まりに行くたびに言われてたので自覚はある。この場を借りて申し訳ない。わかっちゃいるけどやめられない。もちろんやめたいんだけど。

ただイビキをかくことは知っていても、「聞かされる方の辛さ」まで自覚してるわけではない。だって自分で聞けないから。いや、本当に聞けないのか?あらためて自分のイビキがどれくらい迷惑なのか試聴&体感してみることにしました。

大坪ケムタ



自分の寝姿を見つめる幽体離脱体験

まずは自分のイビキはどの程度の破壊力なのかヒアリングしてみよう。現在いちばんの被害者は自分の妻になるのだけど、その威力はというと「ふたりでパックツアーの旅行に行ってもツインの部屋には泊まらず、割高になってもオプションでシングル2部屋を頼むレベル」だ。レベルというか事実です。

あらためて、その被害状況を聞いてみた。すると…。

・自分が先に熟睡できればいいのだけど、あなたの方が寝つきがいいので後からだと音が気になって寝つけない。

・イビキの音が不規則なのが気になって寝れない。

・旅行でツイン部屋に泊まった際、やはりうるさくて「こっちの方がまだマシだ」と気を散らすためにTVをつけっ放しにして寝た。

・同じく旅先の和室で寝付けず「扉一枚あればまだいい」と廊下に寝た。

・耳栓は違和感もあるしあまり効果がない。


説教されてるわけではありません。


このあたりで止めておいた。これ以上聞くと泣いてしまいそうだから…。ちなみに今は寝床は別の部屋なので快眠してると思います、たぶん。

ではまずその迷惑の根元、自分のイビキを確認してみよう。その方法はいたってシンプル、録音だ。


ICレコーダーを用意して
頭のすぐ上で録音してみます。


さらに寝相や反応もチェックするべく動画も。

自分の寝姿を撮るなんて、こういう記事でもなければどんだけナルシストなんだ、って感じだなあ。まずは試しに自分の寝てるところを音声3日分、動画で2日分記録してみた。


動画はこの角度で固定。
メガネ外しておやすみなさい。


しかし動画で自分の寝てるところ見るって奇妙なもんですねえ。しかも固定カメラで。カメラセッティングして、ベッドに横になり、寝る。ただそれだけの映像。でもそれに映ってるのが自分となると、なんか盗撮されてるような気になる。もしくは寝てる自分を見つめる幽体離脱状態。

収録時間はカメラと電池の都合か約2時間程度。だいたい30分内で熟睡状態になってるので1時間半は自分の寝てるところが映っている。もちろん基本的には何も起きない。寝返りとか咳とか、あともちろんイビキ以外には。ただ、翌朝モニタ見てると「何か映ってるんじゃなかろうか…」と妙な期待をしてしまう自分がいる。いや、いたら怖いんだけどさ。


終始こんな映像が続くんですが…


よく見てみると毛布の真ん中、携帯のあたり…。

何かに…見えませんか?


いや、何にも見えないんですけどね。でもそういう視点になってくるんですよ、気分的に!自分の知らない自分がいる光景を見てると!なんかあるんじゃないかって。映画『パラノーマルアクティビティ』気分というか。例として出してみたものの、映画は見てないんですが。

と、「自分の寝姿を見る」という行為自体は妙に緊張感があって新発見があったんですが、実際の映像に発見はというと…。とりあえず動画から約15分飛ばしで切り取った映像を見てみましょうか。俺の睡眠タイムライン。


面白くもなんともないでしょ?もうちょっと寝相悪いと思ったんだけどなあ…。寒いのもあって、意識的に毛布くるまろうとするんでしょうね。縮こまりこそすれ、身体を広げない。あとコンパクトデジカメで撮ったのもあって、音は残念ながらほとんど撮れてない。ノイズに消されちゃってて。わざわざ検証動画載せるほどでもなし。

しかし、音声はしっかり録れてました!6時間分×3日分。そのハイライトシーンだけをお届けします。そして2つのイビキが奇跡を生む!


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.